おけいどんの適温生活と投資日記(セミリタイア、世界高配当株収集家)

おけいどん(桶井 道)がセミリタイア適温生活と投資について綴ります。現在は時短社員、2020年12月末にアーリーリタイア予定。投資(分散投資という名のもと世界の株を収集)、節約、節税、銀行との付き合い、親孝行、ホテル、スイーツ、サンカーなど。メディア掲載:日経マネー2020年1月号、日経新聞電子版2020年5/4号・5/6号。

●証券税制と節税について

こんにちは、okeydon(おけいどん)です。


今日は証券税制のおさらいです。過去記事をリンクしながら、証券税制と節税について綴ります。確定申告シーズンでもありますから、皆さまのご参考になればと思います。

f:id:okeydon:20190108210942j:plain


まず初めに、僕okeydonの法解釈が曖昧な点は予め税務署や国税庁および市役所に問い合わせをした上で記事を執筆していますが、個々の事情によりどちらが得とか損とか等判断が難しく、また個別の案件には適合しない可能性もありますので、最終的には皆さまご自身で税務署や国税庁および市役所にお問い合わせください。



さて、証券口座には次の4種類がありますが、皆さんはどの口座で株の取引をされていますか?
1 少額投資非課税制度口座(=NISA口座、以下「NISA口座」と表記。)
2 一般口座
3 特定口座 簡易申告口座(=源泉徴収なし、以下「特定口座 源泉徴収なし」と表記。)
4 特定口座 源泉徴収口座(=源泉徴収あり、以下「特定口座 源泉徴収あり」と表記。)


それぞれどのような特徴があるのでしょうか?
1 NISA口座:非課税ですので、税金が掛かりません。よって、確定申告の必要はありません。

2 一般口座:課税対象ですが、証券会社により源泉徴収されていませんから(配当金は源泉徴収されます。)、譲渡(売却)益があれば確定申告(申告分離課税)の必要があります。
※確定申告(総合課税)は選択できません。
※一般的に、会社で年末調整をしている方なら給与所得以外の所得が売却益を含めて20万円以下の場合は、確定申告不要です。

3 特定口座 源泉徴収なし:課税対象ですが、証券会社により源泉徴収されていませんから(配当金は源泉徴収されます。)、譲渡(売却)益があれば確定申告(申告分離課税)の必要があります。
※確定申告(総合課税)は選択できません。
※一般的に、会社で年末調整をしている方なら給与所得以外の所得が売却益を含めて20万円以下の場合は、確定申告不要です。

4 特定口座 源泉徴収あり:課税対象で、証券会社により源泉徴収されています。確定申告するかどうかは自由です。(1)申告不要(=確定申告しない)、(2)確定申告 申告分離課税、(3)確定申告 総合課税が選択できます。


複数の証券会社に「特定口座 源泉徴収あり」がある方は、
証券会社A 申告なし(=確定申告しない、以下同様)
証券会社B 申告なし
この組み合わせは可能です。

証券会社A 申告なし
証券会社B 確定申告 総合課税
これも可能です。

証券会社A 申告なし
証券会社B 確定申告 申告分離課税
これも可能です。

証券会社A 確定申告 総合課税
証券会社B 確定申告 申告分離課税
これは出来ません。


f:id:okeydon:20190108211014j:plain

4の「特定口座 源泉徴収あり」で株売買をされている方が多くいらっしゃると思います。源泉徴収で、どのくらい税金を納めているかご存知でしょうか?また、確定申告をされている方はどのくらいいらっしゃるでしょうか?

ここに節税ポイントがあります。



「特定口座 源泉徴収あり」では、株の売買益および配当金(配当金に対してはNISA口座を除く全ての口座で源泉徴収されます)に対して、所得税15%と住民税5%と復興特別法人税(所得税額の2.1%)が証券会社により控除され、控除後の金額が皆さんの口座に入金されています。

例えば、株の売買益が100万円であれば、所得税15万円、住民税5万円、復興特別法人税3150円が控除され、796850円が皆さんの口座に入金されているわけです。配当金が10万円であれば、所得税15000円、住民税5000円、復興特別法人税315円が控除され、79685円が皆さんの口座に入金されているわけです。


(1)申告不要を選択されたら、証券会社がしてくれた源泉徴収で税額は確定です。本当にそれでいいのでしょうか?

(2)確定申告 分離課税と(3)確定申告 総合課税を選ぶことで、節税の可能性が出てきます。



この(2)と(3)について、別記事にて深掘りしています。

確定申告 総合課税と住民税 申告不要
okeydon.hatenablog.com



確定申告 申告分離課税
okeydon.hatenablog.com



ほかにも、いろいろとあります。

国税額控除
okeydon.hatenablog.com



損だし、株の譲渡益を節税できます。
okeydon.hatenablog.com



東証上場 外国籍ETF(1557 S&P500など)の分配金にかかる税金の節税
okeydon.hatenablog.com



確定申告と住民税や国民健康保険の関係(節税)
okeydon.hatenablog.com



確定申告の修正申告(過年度分)
okeydon.hatenablog.com



確定申告の修正申告(前年分)
okeydon.hatenablog.com



相続した株の譲渡益を節税する方法
okeydon.hatenablog.com



株の暦年贈与、相続税や譲渡税の節税になります。
okeydon.hatenablog.com



ぜひとも節税の参考にしてください。税金は積極的に勉強することで、節税の可能性が出てきます。受け身ではいけません。投資は攻め、節税は守り、攻守揃った投資家を目指しましょう。



情報発信には細心の注意を払っておりますが、法改正や法解釈の変更、新たな判例が出される、管理人okeydon(おけいどん)の知識不足等の可能性があります。最終的には、読者の皆様ご自身で、監督官庁等にご確認いただきますようお願い致します。
また、当ブログのご利用により、いかなるトラブルや損失・損害等が発生した場合でも、管理人okeydon(おけいどん)は一切の責任を負わないものとします。


今日も何事にも適温でまいりましょう。



【スポンサーリンク】
WordPress専用の高速クラウドレンタルサーバー『wpX Speed』
 https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3B76J7+2OG8S2+CO4+ZQNG3



ブログ村に参加しています。宜しければ応援クリックをお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村