おけいどんの適温生活と投資日記(FIRE生活、世界30ヵ国の増配株、ETF、リート投資)

アーリーリタイア ブロガー 桶井 道/おけいどんがFIRE生活と投資について綴ります。投資歴23年、日米など30ヵ国の増配株、ETF、リート。親介護なども発信。【メディア掲載/コラム連載】多数、プロフィールに記載。【著書】 2冊(FIRE本、米国ETF投資本、Amazonにて桶井 道で検索して下さい)【仕事依頼について】問い合わせフォーム(「カテゴリー検索」から探せます)からお願いします

●アーリーリタイア後の肩書きを決めました

こんにちは、okeydon(おけいどん)です。


アーリーリタイアの1年前、いえ、それ以上前からだったかもしれません、アーリーリタイア後の肩書をどうするか?ずっと考えていました。ずっと課題でした。



ⓘスポンサードリンク





世間体をそんなに気にするタイプでもないのですが、日本では日常会話のなかで、仕事のことが必ずのように出てきます。「お仕事は何ですか?」とか、「お仕事はうまくいってますか?」とか、「コロナ禍でテレワークですか?」とか、「景気はいいですか?」とか。

どう答えるのか、課題でした。つい先日も、ガス会社の訪問に対応してると、「在宅ワークですか?」と聞かれて、答えに詰まりました。



実際に10月末をもってアーリーリタイアしてみて、ひとつしっくりくるものを見つけました。

それは、「フリーランス」です。いい言葉が生まれて、普通に通じる時代になりました。



これから、「お仕事は何をされていますか?」と聞かれたら、

フリーランスです。」と答えます。

もしくは、「リタイアしてフリーランスです。」か、「リタイアしました。」も使います。横文字が通用しそうにもない年齢層には「個人事業主です。」にします。

この4つをTPOによって使い分けるつもりです。


さらに、「フリーランス(個人事業主)とは具体的に?」とか、「リタイアして何をされていますか?」と聞かれたら、

「父の事業の補佐と、ほかにも自分でPC1台あればどこでも仕事しています。」と答えようと思います。


f:id:okeydon:20201112232932p:plain


実際には、
①投資家
②父の事業補佐
③ブロガー
④家事手伝い

さらに、
⑤準備中
⑥準備中
です。これはまだ秘密。


これだけあるので、「マルチフリーランス」と名乗ることも考えました。

しかしながら、元の勤務先で、「マルチタスク」の号令により、現場が無茶苦茶になった辛すぎる思い出があります。「マルチフリーランス」では、その思い出がフラッシュバックする為、『マルチ』というフレーズには抵抗があります。よって、「マルチフリーランス」は辞めました。それに、そもそも説明がめんどくさいです。今後、「マルチ」が付く言葉は、マルチーズだけしか使わないことにします(笑)



そんなわけで、課題がひとつクリアできました。アーリーリタイア後の肩書きは、「フリーランス」にすることにしました。



今日も何事にも適温でまいりましょう。



ⓘスポンサードリンク





関連記事です。
世間体は本当に存在するのか?
okeydon.hatenablog.com



ブログ村に参加しています。宜しければ応援クリックをお願い致します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村