おけいどんの適温生活と投資日記(セミリタイア、世界高配当株収集家)

おけいどん(桶井 道)がセミリタイア適温生活と投資について綴ります。現在は時短社員、2020年12月末にアーリーリタイア予定。投資(分散投資という名のもと世界の株を収集)、節約、節税、銀行との付き合い、親孝行、ホテル、スイーツ、サンカーなど。メディア掲載:ダイヤモンドZAi2020年10月号、日経マネー2020年1月号、日経新聞電子版2020年5/4号・5/6号・9/1号。

●怒り!税調が消費増税を示唆

こんにちは、okeydon(おけいどん)です。


f:id:okeydon:20200806215419p:plain


怒ってます!



首相の諮問機関「政府税制調査会」が8月5日に総会を行ないました。

そのなかで、こともあろうに、消費増税論が浮上したことが報道されています。

いつかはそんな話も浮上するだろうとは思っていましたが、まさかコロナNOWの現段階での発言に、僕okeydonは怒ってます!



内容を掘り下げますと、新型コロナ対策で大規模な予算が組まれるなど、財政悪化が一層深刻となっていることを懸念したもので、「消費増税を中核に据えた、骨太の議論が必要ではないか」「次世代の負担を増やさないため、どういう税収確保が望ましいか議論する必要がある」などの意見が出たという。



この国の中枢にいる人間はいったい何を考えているのでしょうか?企業も国民もが新型コロナで苦しんでいる最中に、まだ終息の目処すら立たない、ワクチンですら完成していない、会社がどうなるか、仕事がどうなるか、みんなが悩んでいるこの段階で、本来 議論すべきは減税のはずなのです。つい最近、消費減税して消費税8%との話題が上がりましたが、盛り上がることなく終わったと思えば、まさかの増税論です。



特別定額給付金10万円をもらったときは、有難いなと思いました。しかしながら、この報道を見て、10万円は国からの借金だったのかとさえ感じてしまいます。



今、議論すべきは増税ではありません。少なくとも、内内に議論したとしても、表に出すような話ではないのです。国民の心を折るようなことをしないで頂きたいと、切に願います。



今日も何事にも適温でまいりましょう。



ⓘスポンサードリンク





ブログ村に参加しています。宜しければ応援クリックをお願い致します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村