おけいどんの適温生活と投資日記(セミリタイア、世界高配当株収集家)

おけいどん(桶井 道)がセミリタイア適温生活と投資について綴ります。現在は時短社員、2020年12月末にアーリーリタイア予定。投資(分散投資という名のもと世界の株を収集)、節約、節税、銀行との付き合い、親孝行、ホテル、スイーツ、サンカーなど。メディア掲載:日経マネー2020年1月号、日経新聞電子版2020年5/4号・5/6号。

●アーリーリタイア1ヶ月前の心境、再びアイツが現れた

こんにちは、okeydon(おけいどん)です。


ついに、退職まで、サラリーマン引退まで、アーリーリタイアまで、残り1ヶ月となりました。勤務先に退職の希望は伝えていますが、退職届はまだ書いていません。そして、すでに会社は休んでいます。


アーリーリタイア1ヶ月前の心境としては・・・
①労働するモチベーションはもうありません
②新型コロナが不安で気持ちを持っていかれています
③消えていた退職する寂しさが、ここで再び少し顔を出しました

今回の変化はこの③です。再びアイツが現れました。寂しさです。労働モチベーションがなく、新型コロナ不安もありながら、退職する寂しさもある、そんな複雑な気持ちです。

f:id:okeydon:20200325131340p:plain



春はお別れの季節、卒業式でお別れの風景があり、涙を流している人が多くいます。思い出や友情、学校という組織から離れる寂しさなど、いろんな想いが交錯していることでしょう。僕okeydonが感じる寂しさもこれと同じものだと分析しています。20年ほど在籍すると、大学4年間の5倍もの期間となり、寂しさも5倍というところでしょうか。人間には、現状維持バイアスがあり、変化を嫌います。このプログラムが働いているものだと思います。


これ寂しさは、ときが解決してくれるでしょう。小学校、中学校、高校、大学の卒業時と同じように。思い起こすと、勤務先で人事異動したときも同じような気持ちでした。それも、ときが解決してくれました。時間と共に、「新しい役割」に慣れれるものです。きっと、アーリーリタイアという変化、専業投資家という新しい役割にも、時間と共に慣れていけると信じます。

f:id:okeydon:20200325131438p:plain



もう後1ヶ月となると、さすがに退職届を書く必要があります。伸ばし伸ばしにしてきましたが、もうさすがに逃げてはいけない時期になりました。書く瞬間はとても寂しさが出るだろうと思っています。



後1ヶ月でアーリーリタイア、ついにここまできました。まだ後戻りは可能ですし、さらにダウンシフトしてアルバイトで残ることも可能です。しかし、僕okeydonには、その選択肢はなく退職します。アーリーリタイアします。



今日も何事にも適温でまいりましょう。



関連記事です。
アーリーリタイア2ヶ月前の心境
okeydon.hatenablog.com

3末ではなく4末に退職、労働日数は実質同じ
okeydon.hatenablog.com




【スポンサーリンク】
WordPress専用の高速型レンタルサーバー『wpX Speed』
 https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3B76J7+2OG8S2+CO4+ZQNG3



【まんがでわかるLIFE SHIFT 100年時代の人生戦略】
僕okeydonも読みました。まんがなのでサラッと読めました。(楽天)
↓↓↓

まんがでわかる LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略 [ リンダ・グラットン ]

価格:1,320円
(2020/2/11 12:34時点)
感想(3件)


活字が得意な方はこちら↓↓↓

LIFE SHIFT(ライフ・シフト) 100年時代の人生戦略 [ リンダ・グラットン ]

価格:1,980円
(2020/2/11 12:38時点)
感想(26件)


ブログ村に参加しています。宜しければ応援クリックをお願い致します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村