おけいどんの適温生活と投資日記(セミリタイア、世界高配当株収集家)

おけいどん(桶井 道)がセミリタイア適温生活と投資について綴ります。現在は時短社員、2020年12月末にアーリーリタイア予定。投資(分散投資という名のもと世界の株を収集)、節約、節税、銀行との付き合い、親孝行、ホテル、スイーツ、サンカーなど。メディア掲載:日経マネー2020年1月号、日経新聞電子版2020年5/4号・5/6号。

●地方銀行の定期預金を更新、金利交渉&粗品交渉〜窓口金利では預けない〜

こんにちは、okeydon(おけいどん)です。


先日、地方銀行の定期預金が満期を迎えました。

それにあたり、12月から担当銀行員との間で金利交渉を始めました。1度目は電話で金利交渉をしました。2度目は面会して、金利交渉をしましたが、厳しそうなので、粗品交渉に転じました。


そして、この度、更新してきました。

銀行に出向くと、個室に通されて、お茶が出てきました。

そして、先に粗品を渡してくるのです。「お納めください」と。

これで金利がかなり厳しいと悟りました。なぜなら、通常 粗品は最後に渡すものだからです。


その粗品の量ときたら!

●お米 600グラム
●お茶碗
サランラップ4本
●台所洗剤
●懐中電灯(銀行名がバレるので画像なし)
●ボールペン(銀行名がバレるので画像なし)

f:id:okeydon:20200201144600j:plain

f:id:okeydon:20200201144532j:plain


担当銀行員「僕がこの1ヶ月で営業回りしてお客様にお渡しした全ての粗品を上回る量です。」と。



そして、肝心なこと、提示された条件は、1年定期で、年利0.025%でした。

これは前回と変わらず、プロ野球選手の契約更改的に表現すれば、「現状維持」で「1年契約」です。

窓口金利の0.01%よりは上ですが、良い条件とは言えません。日本国債金利よりも低くて、条件は悪いです。他の銀行に移せば、もっと条件の良いところがあるでしょう。



しかしながら、僕okeydonは、この条件を飲みました。

理由は・・・
①経営が厳しい中、精一杯の金利を付けてくれた
粗品を大量に用意してくれた
③その地方銀行との付き合い
ポートフォリオの一部に、安全資産として、低金利の預金があることは容認している
⑤夏場に疲れたときなど、クーラーの効いたソファで休憩させてもらっている
⑥前任の担当銀行員との出会いが、僕を14ヵ国にも投資する国際投資家となるきっかけになった
⑦客として大事に扱われている



そういうわけで、金利が良いわけではありませんが、定期預金を更新してきました。僕は縁も大事にします。人生お金だけではないですね。


1年後はおそらく担当銀行員が交代して「3代目(3人目)」になると思います。けれども、この地方銀行は、きっと無茶な営業をかけてくる担当銀行員を僕には付けないと思います。そして、いつかまた、「初代」の担当銀行員に再会したいと願っています。

f:id:okeydon:20200201144707p:plain



銀行に定期預金をする場合、一定額以上になるなら、ぜひとも金利交渉をしてください。ただし、メガバンクは厳しいです。



今日も何事にも適温でまいりましょう。



関連記事です。
「初代」の担当銀行員とのエピソード。人事異動される前に、感謝の手紙を頭取宛に出したら、想像を超える反応が返ってきました。
okeydon.hatenablog.com



スポンサーリンク
独自ドメインの取得なら1円~の【お名前.com】
↓↓↓



このブログにもアフィリエイトを導入しました。手続きはとても簡単でした。あなたもやってみませんか?簡単登録はこちらから。
↓↓↓



ブログ村に参加しています。宜しければ応援クリックをお願い致します。

1度のクリックでは画面がブログ村に移動しない場合があります。そのときは、2度クリックして頂けますと画面が移動して、投票が反映されます。ご協力よろしくお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村