おけいどんの適温生活と投資日記(セミリタイア、世界高配当株収集家)

おけいどん(桶井 道)がセミリタイア適温生活と投資について綴ります。現在は時短社員、2020年12月末にアーリーリタイア予定。投資(分散投資という名のもと世界の株を収集)、節約、節税、銀行との付き合い、親孝行、ホテル、スイーツ、サンカーなど。メディア掲載:日経マネー2020年1月号、日経新聞電子版2020年5/4号・5/6号。

●ハワイアン・エレクトリック、高配当株、2年連続増配(投資先紹介)

(初回投稿:2019年3月6日)
(リライト:2020年3月5日)


アロハー、okeydon(おけいどん)です。


僕okeydonは、高配当のハワイアン・エレクトリック(米・ハワイ)に投資しています。


ハワイアン・エレクトリックは、正式名称がHawaiian Electric Industries, Inc.となります。傘下に電気事業と銀行を持つ、持ち株会社です。


電気事業としては、歴史は125年にも及びます。ハワイ州において、オアフ島、ハワイ島マウイ島、ラナイ島、モロカイ島(カウアイ島以外の全ての主要な島)にて事業を行なっており、ハワイ州の95%の地域に電力を供給しています。

ハワイ州2045年には100%クリーンエネルギーでの供給を目指しており、ハワイアン・エレクトリックは2020年の目標を30%としています。2017年の実績は26.8%でした。また、原子力発電は行なっていません。

f:id:okeydon:20190303200048j:plain
(資料引用:ハワイアン・エレクトリック社のホームページより、次の資料も同様。)


温室効果ガスの削減にも取り組んでいます。温室効果ガス排出量を2010年から2020年の10年間で16%削減するという目標を掲げましたが、2014年には達成しました。過去7年間で、化石燃料をクリーンエネルギーに置き換え、顧客のエネルギー効率化の取り組みもあって、それらの結果として、温室効果ガス排出量を2017年には(2010年との比較で)20%減少しました。

f:id:okeydon:20190303200212j:plain


このように、環境への取り組みはかなり先進的です。
f:id:okeydon:20190303195619j:plain



銀行としては、歴史は90年強です。1990年にファースト・ネイションワイド・バンクを、1997年にバンク・オブ・アメリカよりハワイ州の支店をそれぞれ買収して、ハワイ州第3位の銀行となりました。52店舗展開しています。

f:id:okeydon:20190303195658j:plain


◆株価推移(単位:米ドル)
株価:48.07ドル
(2020年2月26日現在)


【2000年〜2020年の長期チャート】
f:id:okeydon:20200226170216j:plain
(グラフ引用:ハワイアン・エレクトリック社のホームページより、以下同様。)


【5年チャート】
f:id:okeydon:20200226170237j:plain


株価はリーマンショックでは大きく下げましたが、概ね緩やかに右肩上がりです。成熟企業ですから大きなキャピタルゲインは期待できないでしょうが、急激な業績悪化による株価下落も考えにくいと思います。2014年12月に株価を上げていますが、それはネクストエラ・エナジー社との合併(ただし、銀行部門は合併の対象外)が発表されたことに由来するものです。合併話は2016年7月に撤回されました。

直近では、新型コロナの影響から株価を下げています。



◆業績(売上高および当期利益、単位:千ドル)
年 | 売上高 | 当期利益
2014 3,239,542 | 170,210
2015 2,602,982 | 161,767
2016 2,380,654 | 250,146
2017 2,555,625 | 167,187
2018 2,860,849 | 203,664
2019 2,890,048 | 208,070
2020 2,954,558 | 219,290
※2019年および2020年は予想。

常夏の島ですから、使用電力が急激に減ることはないでしょう。これからも業績は安定的と思います。


◆一株利益および配当金(単位:ドル)
【配当履歴】
f:id:okeydon:20200226170355j:plain

【2018年配当】
f:id:okeydon:20190303195919j:plain

【2019年配当】
f:id:okeydon:20200226170430j:plain

【2020年配当】
f:id:okeydon:20200226170500j:plain


年 | 一株利益 | 配当金
2014 1.65 | 1.24(四半期配当0.31ドル×4)
2015 1.50 | 1.24
2016 2.30 | 1.24
2017 1.52 | 1.24
2018 1.85 | 1.24
2019 ???| 1.28 (四半期配当0.32ドル×4)
※2020年3月 0.33ドル配当(増配)
※2019年一株利益は未発表

1998年までは増配していましたが、以降は2018年まで年間1.24ドル(4半期配当で、0.31ドルずつ)配当が継続していました。そして、2019年3月に21年ぶりに増配し1.28ドル配当(0.32ドル×4回)となりました。そして、今年は2年連続の増配で四半期で0.33ドルです。一昨年まで5年間の配当性向は53.9〜82.7%、2018年は67%でした。2019年は未発表です。



◆予想配当利回り、海外課税
予想配当利回りは2.75%(2020年2月26日現在)、配当金への海外課税はアメリカと同様に10%です。
※2020年の年間配当を1.32ドルにて計算。



◆まとめ
僕okeydonは、全世界 高配当株 長期投資 配当金再投資を投資方針として掲げています。よって、長年にわたり高配当を維持し、業績も安定的であり、株価も大崩れしないことから、ハワイアン・エレクトリックは有望な投資先です。昨年久々に増配して、今年も2連連続の増配となったことも楽しみな要素です。増配額はたったの1セントですが、動きがあるのと ないのとでは、大きく違いますし、パーセントにすると意外と大きく3.125%の増配となります。ただし、大きなキャピタルゲインは期待していません。また、クリーンエネルギーを強化する同社に投資することは、社会貢献にもなります。まさしくESG投資、SDGs投資と言えます。okeydonは、長期保有して配当金を得ていきます。

f:id:okeydon:20190323133406j:plain



投資判断は、自己責任でお願い致します。



関連記事です。
ハワイ銘柄、バンクオブハワイの紹介
okeydon.hatenablog.com


台湾セミコンダクターADRの紹介
okeydon.hatenablog.com



増配銘柄のVISA(アメリカ)の紹介
okeydon.hatenablog.com


累進配当政策の三菱商事の紹介
okeydon.hatenablog.com



【スポンサーリンク】
独自ドメインの取得なら、1円〜の、お名前.com
↓↓↓
□□□□□□□□□□□□□□□□□
  『とにかく早い者勝ちっ!』  
  ドメイン取るならお名前.com  
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3B75QU+AVR8TU+50+2HEVMR   
□□□□□□□□□□□□□□□□□




SBI証券
ハワイアン・エレクトリックには、SBI証券から投資が可能です。僕okeydonはSBI証券を使っています。日本、米国、豪州、欧州、アジアなど14ヵ国(地域)に投資しています
SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ



ブログ村に参加しています。宜しければ応援クリックをお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村