おけいどんの適温生活と投資日記(セミリタイア、世界高配当株収集家)

おけいどん(桶井 道)がセミリタイア適温生活と投資について綴ります。現在は時短社員、2020年12月末にアーリーリタイア予定。投資(分散投資という名のもと世界の株を収集)、節約、節税、銀行との付き合い、親孝行、ホテル、スイーツ、サンカーなど。メディア掲載:日経マネー2020年1月号、日経新聞電子版2020年5/4号・5/6号。

●三菱商事は累進配当政策(投資先紹介)

こんにちは、okeydon(おけいどん)です。

今日は、僕okeydonの保有銘柄となる三菱商事の紹介です。
okeydonは、三菱商事を長年保有していますが、昨年末から今年1月に掛けて複数回に渡り三菱商事に追加投資を行ないました。


銘柄を選定した理由は、
配当利回りが約4%と高配当
②業績予想が良い
累進配当政策
僕okeydonはこの3点を評価しました。

この累進配当政策とは、減配せずに増配していく配当方針です。つまり、業績が悪い場合でも前年配当は維持し、業績が良い場合には増配するということです。
投資家にとり、増配により株価は上がり続け、増配という果実を享受し続けられ、また増配株は相場下落時に株価が買い支えられるというメリットがあります。企業側にも、長期安定株主が増えるメリットがあります。

累進配当政策を発表している企業は、三菱商事三井住友フィナンシャルグループだけです。okeydonは両社とも保有しています。


買付けのタイミングの理由は、株価が全体的に下げてきているなか同社も株価を下げましたが、同社にはマイナス要因がなく、割安に感じたからです。


あとひとつ付け加えるとしたら親の代から三菱グループに投資してきたからです。同社以外にも、三菱UFJフィナンシャルグループ、三菱ケミカル三菱重工にも投資しています。過去には、三菱地所三菱自動車三菱マテリアルにも投資していました。


さて、三菱商事について、少し深掘りしたいと思います。

◆企業紹介
三菱商事は、グローバル企業です。
国内に25の拠点を、海外約90の国・地域に180の拠点を持ち、そのネットワークは北米、中南米、欧州、アフリカ、中東、アジア全域、豪州と全世界に及びます。
連結対象会社は約1300社あり協働しながらビジネスを展開しています。地球環境・インフラ事業、新産業金融事業、エネルギー事業、金属、機械、化学品、生活産業の7グループ体制で、幅広い産業を事業領域としており、貿易のみならず、パートナーと共に、世界中の現場で開発や生産・製造などの役割も自ら担っています。
従業員数は、単体で約6000名、連結で約7万7000名にもなります。
f:id:okeydon:20190121184103j:plain
(三菱商事のホームページより画像引用。以下も同様です。)

f:id:okeydon:20190121184122j:plain

日本を代表する大企業で、総合商社首位、売上高20兆円以上、時価総額5兆円以上、資本金2000億円以上という巨大企業です。よって、倒産リスクはほぼなく、安心して投資できます。


◆配当金
現在の利回りは約4%と高配当です。
累進配当政策を明確にしており、今後も増配が期待できます。
配当性向を現在の30%に対して2021年度には35%程度に高める意向があり、業績拡大、増益を伴うため、年間配当は現在の125円から200円(2021年度)に増配が予想されます。
今、投資すれば、投資資本に対する利回りは、約6.3%とかなりの高利回りになります。
f:id:okeydon:20190121184226j:plain

(以下---内は三菱商事 中期経営戦略2021より引用)
--------------------
f:id:okeydon:20190121184530j:plain
--------------------
このように累進配当政策をはっきりと表明しています。


◆業績および業績予想
2013年度以降 赤字転落した2016年度を除いて純利益は上昇しています。ROEは二桁に乗せてきました。
f:id:okeydon:20190121184344j:plain

f:id:okeydon:20190121184646j:plain

f:id:okeydon:20190121184415j:plain
中期経営戦略2021で、2022年3月期の純利益を9000億円に伸ばすと表明しています。これは2018年度決算予想比4割増となります。その先は自然と1兆円も見えてきます。

参考に、2016年度決算の赤字理由は、金属部門が銅価格の下落を受けて銅鉱山の資産価値を見直すなどで巨額の減損損失を計上したことによるものです。これが創業以来初めての赤字決算です。再発防止のため、その原因となった資源と非資源のバランスの見直すことを経営方針にて示されています。


◆今後の株価予想
業績拡大、一株利益の上昇、増配とともに株価も連動してくると予想します。
さらには、経営環境や株式市場での需給などを鑑みながら自社株買いも検討する模様で、これも株価が上がる要因となります。


◆結論
以上の理由から、僕okeydonは、三菱商事に追加投資を行ないました。キャピタルゲインインカムゲインも両方とも期待できます。特に、高配当株長期投資を投資方針とするokeydonには、累進配当政策には大変な魅力を感じます。機会を見て、さらに追加投資も検討しています。


投資判断は、自己責任でお願い致します。


ブログ村に参加しています。宜しければ応援クリックをお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村