おけいどんの適温生活と投資日記(セミリタイア、世界高配当株収集家)

おけいどん(桶井 道)がセミリタイア適温生活と投資について綴ります。現在は時短社員、2020年12月末にアーリーリタイア予定。投資(分散投資という名のもと世界の株を収集)、節約、節税、銀行との付き合い、親孝行、ホテル、スイーツ、サンカーなど。メディア掲載:日経マネー2020年1月号、日経新聞電子版2020年5/4号・5/6号。

●セミリタイア/アーリーリタイアと親孝行

f:id:okeydon:20181229173607j:plain
こんにちは、okeydon(おけいどん)です。

僕okeydonが、時短社員になりセミリタイアした今、以前よりやっていることと言えば、親孝行です。
やっているというか意識するようになりました。

親はいつ迄も元気でいるか?いえ、必ず歳を取ります。衰えも出てきます。認めたくなくて目を逸らしそうになることもありますが、向き合わなくてはいけません。そして、親孝行するにも、できなくなる日は必ず来ます。
その日まであと何日あるかは誰にも分かりません。が、確実に1日ずつ日は進みます。

親が仮に100歳まで生きてくれるとしましょう。仮に今は75歳だとしましょう。となると、あと25年です。
親とは同居ですか?別居ですか?

同居で毎日顔を合わせて、平均1日1時間会話をするとして、
1時間×365日×25年=9125時間=380日
つまり、親と会話できる時間は、残りたったの1年ちょっとです。

もしもこれが別居となると、電話で毎週10分間話をするとして、
10分間×52週×25年=13000分間=216時間=9日、それと年2回ほどの帰省、たったのそれだけです。

正社員でフル勤務+年間360時間を超える残業+サービス残業(そんな時代もありました)をしていては、親とゆっくり会話をする時間もありませんでした。

それが数年前にセミリタイアしてからは、親との時間が取れるようになりました。自然とそうなりました。
別々だった食事が一緒になり、同じテレビを見て笑ったり、肩を揉んだり、何気ない会話を交わしたり、家事を手伝ったり、スーパーで芋を買ってきて一緒に焼き芋したり、一緒に散歩したり、、、

アーリーリタイアしてどんな人生を送るか?どんな生活を送るか?
なかなか答えが見つからずにいましたが、親孝行するのも立派な理由だと思うようになりました。
そういうわけで、okeydonは2020年春にアーリーリタイアしたいと思います!!

ブログ村に参加しています。宜しければ応援クリックをお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村