おけいどんの適温生活と投資日記(節約FIRE、世界高配当・増配株投資)

アーリーリタイア ブロガー 兼 節約FIRE評論家 桶井 道/おけいどんがFIRE生活と投資について綴ります。2020年秋 億りFIRE。投資歴23年、日米など17ヵ国の増配株メイン、節約が得意。節税も。親孝行、親介助なども発信。【メディア掲載】AERA、プレジデント、ダイヤモンドZAi、日経マネー、日経新聞、毎日新聞ほか【書籍】 今日からFIRE! おけいどん式 40代でも遅くない退職準備&資産形成術。【仕事依頼について】問い合わせフォーム(「カテゴリー検索」から探せます)からお願いします

●アップル(AAPL)の株価をEPSおよびPER推移で分析、過熱感はないか?

こんにちは、okeydon(桶井 道/おけいどん)です。


僕okeydonの投資手法は、全世界、増配株(と高配当株)長期投資、配当金再投資としています。その中でも、一部、米国を中心に無配(と低配当)成長株に投資しています。

今年に入ってから、アップルに、今さらながら投資しました。追加投資もしています。5年チャートを見ると株価は順調に上がっています。



この記事では、アップルの株価上昇と、EPSおよびPERの推移から、過熱感がないか分析します。


f:id:okeydon:20210913180124j:plain



株価、EPS、PERを一覧にします。

f:id:okeydon:20210910220702j:plain



まずは、株価から見ましょう。順調に成長してますね。


株価成長は、EPS成長によるものであるべきです。増収増益(売上が伸び、営業利益も伸びること)、それが基本ですね。

よって、EPSを見てみましょう。 EPSも順調に伸びてますね。合格点です。


では、PERはどうでしょうか?実は、PERも2019年12月以降では伸びています。



つまり、アップルの株価は上がっていますが、それはEPS成長とPER成長の両方によるものということが分かります。

ただ、PER成長というのは、金融相場ではありがちです。アップルのような成長株であれば、金融相場では30倍程度は許容範囲と思います。これが、40とか50になると過熱感が出てきます。



株価、EPS、PERを、グラフにして見ましょう。
[青線:株価、黒線:PER、橙線:EPS]

f:id:okeydon:20210910220713j:plain


やはり、PER(黒線)は、株価(青線)に連動して動いてますね。

金融相場から業績相場にシフトするなかで、PERはそのうち落ち着くと思います。その中で、株価成長するには、やはりEPS成長が必要です。成長率も見る必要があります。営業利益をしっかり出すことが大切ですね。そこに注目したいと思います。



投資判断は自己責任にてお願い致します。



今日も何事にも適温でまいりましょう。



関連記事です。
アルファベット(Google)に今さら投資した理由とは
okeydon.hatenablog.com




ⓘスポンサードリンク




【PayPay証券】
あなたも、PayPay証券で、日本株・米国株に1000円投資始めませんか?

アップルにも、PayPay証券なら1000円で投資できます!


米国株取扱い銘柄例
・アップル、Amazon、アルファベット(Google)、マイクロソフトスターバックス、VISAなど大企業
ファストリー、レモネードなど新しい企業
・VTI、VIG、QQQなどETF



ブログ村に参加しています。宜しければ応援クリックをお願い致します。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村