おけいどんの適温生活と投資日記(節約FIRE、世界高配当・増配株投資)

アーリーリタイア ブロガー 兼 節約FIRE評論家 桶井 道/おけいどんがFIRE生活と投資について綴ります。2020年秋 億りFIRE。投資歴23年、日米など17ヵ国の増配株メイン、節約が得意。節税も。親孝行、親介助なども発信。【メディア掲載】AERA、プレジデント、ダイヤモンドZAi、日経マネー、日経新聞、毎日新聞ほか【書籍】 今日からFIRE! おけいどん式 40代でも遅くない退職準備&資産形成術。【仕事依頼について】問い合わせフォーム(「カテゴリー検索」から探せます)からお願いします

●Googleアドセンス広告を誤って自己クリックした場合、どうすればいい?

こんにちは、okeydon(桶井 道/おけいどん)です。


つい先日のこと、自分のブログ記事の見栄えをチェックしていたときに、それは起こりました。

誤って、Googleアドセンスの広告をクリックしてしまったのです。

顔面蒼白になりました。


この記事では、Googleアドセンスの広告を、誤って自己クリックしてしまった場合の対処について記述します。



ⓘスポンサードリンク





なぜ自己クリックにそんなに神経質になったのか?理由は2つ。

理由その1
Googleアドセンスは、自己クリックを禁止しているから。

理由その2
1〜2月にかけて、SNS流入比率が高すぎることを理由に広告配信を止められていたことも重なって神経質になってるから。

これはどうなることかと、またペナルティかと、かなり焦りました。


f:id:okeydon:20210216150012j:plain


Googleから、また広告を止められないか?アカウントに制限がかからないか?そうならないためには、何か自己申告が必要なのか?頭の中でグルグルと考えました。

Googleの立場になって、物事を見るとすれば、広告主を守るというのは企業として当然の行為だと思うのです。



ここで、頼るは、やはりGoogleの公式見解です。

自己クリック事故に関して、次のように記述があります。

ご自身のサイトに表示された広告を誤ってクリックした場合
サイト運営者様がご自身の広告を故意にクリックすることは許可されませんが、誤ってクリックするケースは十分に考えられます。このため、こうしたケースでは特に Google までご連絡いただく必要はありません。有効と見なされたすべてのクリックやインプレッションに対する収益は、アカウントに適切に配分されておりますのでご安心ください。


結論は、誤って自己クリックした場合、何もしなくてもいいんです。人間、誰しもミスはある、Googleも分かってくれてるんですね。ホッとしました。



今日も何事にも適温でまいりましょう。



ⓘスポンサードリンク





ブログ村に参加しています。宜しければ応援クリックをお願い致します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村