おけいどんの適温生活と投資日記(アーリーリタイア、世界高配当・増配株投資)

アーリーリタイア ブロガーおけいどん(桶井 道)が適温生活と投資について綴ります。2020年10月末にFIRE。投資(16ヵ国の高配当株と増配株をメインとし成長株にも投資)、節約、節税、親孝行など。【メディア掲載】週刊SPA!、日経トレンディ、ダイヤモンドZAi、日経マネー、日経新聞電子版。【書籍】 今日からFIRE! おけいどん式 40代でも遅くない退職準備&資産形成術。【仕事のご依頼】は、問い合わせフォーム(「カテゴリー検索」から探せます)からお願いします。

●アベノミクス前と後の株価と配当金を比較

こんにちは、okeydon(おけいどん)です。


安倍総理が退任されました。安倍総理といえばアベノミクスが旗印でした。金融緩和を起点に日本企業を再び成長させました。株を見ると、金融相場から業績相場へのリレーは見事でした。最低賃金はあがり、失業率は下がりました。街には人が戻り、世の中にお金が回りました。国民は、投資家としても生活者としても労働者としても、アベノミクスの恩恵を享受しました。



今日は、アベノミクスの前と後の株価と配当金を比較したいと思います。


まず初めに日経平均株価から。

日経平均チャート】
f:id:okeydon:20200914132325p:plain

(チャート引用:世界経済のネタ帳より)

安倍政権になってから株式投資を始められた方もおられると思いますので、おさらいします。

安倍政権の誕生は、2012年(平成24年)12月26日です。アベノミクス前の株価は、悲惨なものでした。失われた20年というのは、このチャートが全てを物語っていると思います。日本企業は息絶え絶えでした。それが、アベノミクスで見事なまでの復活、成長を遂げました。細かな説明は要らないと思います、このチャートの右肩上がりを見れば。



ⓘスポンサードリンク





続いて、個別株に目を移しましょう。
日経225すべてというわけにはいきませんから、現在の僕okeydonのポートフォリオの上位銘柄を取り上げます。


配当金は2012年度決算期と2019年度決算期で、株価は2013年始値2020年始値で比較しましょう、


まずは配当金から。

銘柄   2012年度 2019年度 増減率
三菱商事 55円 132円 240%

NTTドコモ 60円 120円 200%

積水ハウス 28円 81円 289.3%

三井住友 120円 190円 158.3%

三菱UFJ 13円 25円 192.3%



続いて株価(始値)。

銘柄  2013年 2020年 増減率
三菱商事 1710円 2884円 168.7%

NTTドコモ 1300円 3301円 253.9%

積水ハウス 965円 2326円 241%

三井住友 3250円 3979円 122.4%

三菱UFJ 477円 582円 122%


このように、配当金は1.5〜2.9倍になりました。株価は1.2〜2.5倍になりました。金融緩和では経営が厳しくなる銀行さえ、配当金や株価は伸びていますね。銀行以外は大きく伸びています。


日経平均株価を見ても、個別株の配当金や株価を見ても、アベノミクスにより株は復活して、成長していることが分かります。


安倍政権は、政権誕生時にアベノミクスを発表しました。金融緩和すれば株価は上がります。それに乗った人は資産を増やすことができました。配当金の受取額を増やすことができました。この8年弱を振り返ると、比較的簡単な相場だったのかも知れません。


菅政権が誕生しましたが、基本的にはアベノミクス継承とのことです。それに加えて、どんな独自色が出されるでしょうか?焦点は政権が長持ちするのか?どうでしょうね?そこが心配です。


僕の日本株投資戦略は、持ち株はホールド、新規の投資はしません。今後は、外国株に資金を入れていきます。



安倍さん、アベノミクス、有難うございました。これからは、菅総理のスガノミクスに期待したいところです。



今日も何事にも適温でまいりましょう。




ⓘスポンサードリンク





【もみあげ流 米国株投資講座】

もみあげさん、ご出版おめでとうございます!!10/17発売です。

内容紹介
米国在住の人気米国株ブロガーが、米国株投資と独自のデータ分析で投資するべき米国株銘柄を徹底解説! これから投資するべき米国株がこれでわかる! 米国株を始めたい初心者はもちろん、個別銘柄投資に挑戦したい中・上級者にもお勧めです!

もみあげ流 米国株投資講座 [ もみあげ ]

価格:1,628円
(2020/9/17 12:10時点)
感想(0件)


会社四季報 2020年4集秋号】

本日発売、日本株への投資には必須アイテム

内容紹介
コロナに負けず成長、V字回復が見込める企業は? 業界担当記者が独自取材・独自分析で業績変化を先取り。3月期決算企業の第1四半期決算実績を踏まえ、業界担当記者が今・来年度の業績を独自予想。

会社四季報 2020年4集・秋号 [雑誌]

価格:2,300円
(2020/8/26 16:06時点)
感想(0件)

会社四季報 ワイド版 2020年4集・秋号 [雑誌]

価格:2,899円
(2020/8/26 16:07時点)
感想(0件)


会社四季報CD-ROM2020年4集・秋号

価格:7,700円
(2020/8/26 16:08時点)
感想(0件)


ブログ村に参加しています。宜しければ応援クリックをお願い致します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村