おけいどんの適温生活と投資日記(FIRE生活、世界30ヵ国の増配株、ETF、リート投資)

アーリーリタイア ブロガー 桶井 道/おけいどんがFIRE生活と投資について綴ります。投資歴23年、日米など30ヵ国の増配株、ETF、リート。親介護なども発信。【メディア掲載】多数、詳細はプロフィールに記載。【書籍】 今日からFIRE! おけいどん式 40代でも遅くない退職準備&資産形成術。【仕事依頼について】問い合わせフォーム(「カテゴリー検索」から探せます)からお願いします

●フィリップ・モリスの配当金の海外源泉税率がまたもや10%に

こんにちは、okeydon(おけいどん)です。


4月に入金のあった外国株の配当金をチェックしていて、フィリップ・モリスからの配当金の入金が少ないことに気が付きました。

配当金支払通知書を確認しますと、海外源泉税率が10%になっています。またかよ〜、です。

f:id:okeydon:20200424144357p:plain


通常、米国企業の配当金には、海外源泉税率が10%掛かります。ところが、フィリップ・モリスは、米国外での売上が大半を占めるため、特例として、税率が低くなっています。このことは、このブログで過去複数回にわたり記事にしてきました。


いつもと同じ回答だろうけど、主張しておくことは大切ですから、SBI証券に問い合わせをしました。

その回答は次の通りです(要約)。
フィリップ・モリスの配当金に対する現地での税率は、毎年変更される特殊税率になる。
②今回の配当金に対して、現地機関において、10%を控除されている。
③現地機関にて還付が生じた場合には、お客様の外貨建口座へ入金する。
④税率が変更になる恐れがあることから、配当金の支払までに税率が確定していない場合には、租税条約により定められた10%の税金を徴収させていただくことをご了承下さい。

というわけで、いつも通りの回答でした。



税率が10%になったのは、僕okeydonの知る限り、2020年1月、2019年1月の配当金支払時に発生し、ともに遅れて差額が還付された経緯があります。今回も、おそらく、いつものように遅れて還付、つまり差額の入金があろうと思います。

フィリップ・モリスのホルダーの皆さまはご注意ください。



今日も何事にも適温でまいりましょう。



関連記事です。
フィリップ・モリス配当金への外国源泉徴収税に対する税還付、決定税率0.2%〜来年以降も冬の風物詩に〜
okeydon.hatenablog.com



【スポンサーリンク】
低コストで簡単、プロのようなホームページ作成「グーペ」
↓↓↓
飲食店経営の強い味方! 月額1,000円(税抜)で始めるホームページ




【米国会社四季報 2020年春夏号】
2020年4月発売。米国投資家のバイブルはやはりこれ!買うなら送料無料がいいですね。

週刊 東洋経済増刊 米国会社四季報2020年春夏号 2020年 4/15号 [雑誌]

価格:3,300円
(2020/4/24 13:30時点)
感想(1件)


電子書籍版もあります。

米国会社四季報2020春夏号【電子書籍】[ 米国会社四季報編集部 ]

価格:2,970円
(2020/4/24 13:32時点)
感想(0件)


ブログ村に参加しています。宜しければ応援クリックをお願い致します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村