おけいどんの適温生活と投資日記(セミリタイア、世界高配当株収集家)

おけいどん(桶井 道)がセミリタイア適温生活と投資について綴ります。現在は時短社員、2020年12月末にアーリーリタイア予定。投資(分散投資という名のもと世界の株を収集)、節約、節税、銀行との付き合い、親孝行、ホテル、スイーツ、サンカーなど。メディア掲載:日経マネー2020年1月号、日経新聞電子版2020年5/4号・5/6号。

●米株のサーキットブレーカー

こんにちは、okeydon(おけいどん)です。


株価が乱高下していますね。メンタルまで乱高下しないよう気を付けたいところです。くれぐれも、感情で投資判断はしないように気を付けましょう。感情には判断の機能はありませんので。

f:id:okeydon:20200311161727j:plain



さて、3月9日に、アメリカ株が暴落したときに、サーキットブレーカーが発動され、一時取引停止になったことはご存知でしょうか。

アメリカでは、株式市場にて、株価に一定以上の下落が起きたら強制的に取引を止めるシステムとして、サーキットブレーカーがあります。



具体的には、どのようなシステムなのでしょうか。

NYSE(ニューヨーク証券取引所)およびNASDAQでは、S&P500(平たく言うと、アメリカ企業上位500社による株価の指数)の動きをもとにレベル1〜3の3段階で、サーキットブレーカーを発動します。

レベル1:午前9時30分~午後3時25分の間に、S&P500が前日終値より7%下落した場合に15分間取引を停止する。

レベル2:レベル1発動後、午前9時30分~午後3時25分の間に、下落が進み、S&P500が前日終値より13%下落した場合に、さらに15分間取引を停止する。

レベル3:時間帯に関係なく、S&P500が前日終値より20%下落した場合に、当日丸1日取引を停止する。

というものです。


なぜ、サーキットブレーカーがあるのか?下落時に売り逃げたいのに売れないから困る、と考えられる方もおられるかもしれませんね。まさしく、そんなパニックを防ぐためにあるシステムです。

売り注文が殺到すると、売りが売りを呼ぶリスクがあります。昨今のコンピュータによる高速売買がそれをさらに加速させています。そうなると、株価は下げ止まらなくなります。よって、取引が過熱化してきた場合、パニックを防止するために、売買を一旦停止して、鎮静化を計るということです。


サーキットブレーカーは以前からありましたが、現行のシステムになったのは2013年です。今回の3月9日が現行システム下での、初の発動となりました。歴史に残る1日となった訳です。出来ればもう再来はして欲しくないものですね。


以上、今日は、サーキットブレーカーの説明でした。

f:id:okeydon:20200311161755p:plain



今日も何事にも適温でまいりましょう。


【スポンサーリンク】
50GB、月額1800円(税抜)~ ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】




【スポンサーリンク】
アフィリエイトを導入しました。今月は半月で1500円ほどの報酬です。手続きはとても簡単、フリーブログでも可能なのが有難い。あなたもやってみませんか?
↓↓↓
A8.net




ブログ村に参加しています。宜しければ応援クリックをお願い致します。

1度のクリックでは画面がブログ村に移動しない場合があります。そのときは、2度クリックして頂けますと画面が移動して、投票が反映されます。ご協力よろしくお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村