おけいどんの適温生活と投資日記(FIRE生活、世界30ヵ国の増配株、ETF、リート投資)

アーリーリタイア ブロガー 桶井 道/おけいどんがFIRE生活と投資について綴ります。投資歴23年、日米など30ヵ国の増配株、ETF、リート。親介護なども発信。【メディア掲載/コラム連載】多数、プロフィールに記載。【著書】 2冊(FIRE本、米国ETF投資本、Amazonにて桶井 道で検索して下さい)【仕事依頼について】問い合わせフォーム(「カテゴリー検索」から探せます)からお願いします

●アーリーリタイア2ヶ月の感想

こんにちは、okeydon(おけいどん)です。


2020年10月31日をもってサラリーマンを引退し、アーリーリタイアしてから2ヶ月が経過しました。

この記事では、アーリーリタイア2ヶ月の感想を綴ります。



ⓘスポンサードリンク





アーリーリタイア前に心配した、不安や寂しさは今のところありません。生きづらさもありません。コロナ禍がそうさせている部分もあろうとは思います。ステイホームできるのはありがたいです。そして、新たに打ち込むことが出来ているのが何より大きいです。



12月は結構することがありました。投資、ブログ、父の事業の手伝い、家事手伝いは既定路線として、アーリーリタイアと同時に始めた新しいビジネスがひとつ目のピークでした。資料を作成して、書類を書いて、ウェブ会議を重ねて、軌道修正をして、iPadの使い方も覚えなければなりませんでした。とにかく初めてのことが多かったです。デスクに向かうのがちょっと懐かしくも感じましたね。

さらには、日経トレンディさんからの取材も入り、取材に対応して原稿を作成したり、その過程でデータを調べたり、追加取材を受けたり、ゲラのチェックをしました。


f:id:okeydon:20201225190055j:plain


こうして、会社を辞めてアーリーリタイアしても、結局は労働のようなことをしています。在宅ワーク、在宅ビジネスをやってみて、気が付いたことがあります。

それは、僕は働くのことが嫌いなのではなく、人に使われたり、ルールやスケジュールに縛られるのが嫌いだったんだと。


今は自分がしたい仕事だけやってます。自分が一緒に仕事したい人を選んでやってます。スケジュール的にもガチガチには縛られずにやってます。自由な仕事、遊ぶような感覚で働いてます。

新しいビジネスはチームでやっていますが、素敵な人ばかりです。そして、日経トレンディの記者さんも誠実な方で、息も合いました。対人ストレスがない。これが大きな要素ですね。これが僕には合っているようですね。



そんなわけで、アーリーリタイア2ヶ月が経過しましたが、楽しくやっています。



アーリーリタイアしても、自分にフィットする役割を持ち、成長することが大切だと感じています。そして、やはり稼ぎたい。


いま僕が感じている理想的なアーリーリタイアは、役割や責任を果たした上での自由のなかで収入を得る、ということですね。人間、全くの自由だけだと、それは返って不自由に感じるものなのではないでしょうか。成長がないのも人生つまらないですね。



近々の課題として見えてきたのは、この新規ビジネスも1月がピークで、その後は少しずつ落ち着くので、春以降にまた何かを探したいなと思っています。自分にフィットする心地よい何かを見つけて、成長していければ理想です。



今日も何事にも適温でまいりましょう。



ⓘスポンサードリンク





穂高 唯希さん著:本気でFIREをめざす人のための資産形成入門 30歳でセミリタイアした私の高配当・増配株投資法】
アーリーリタイアへの参考になる一冊です。投資だけではなく、その前に節約について書かれています。節約も投資も再現性が高い方法が紹介されており、誰にでも真似しやすいものとなっています。難しい表現はなく、とても読みやすかったです。

本気でFIREをめざす人のための資産形成入門 30歳でセミリタイアした私の高配当・増配株投資法 [ 穂高 唯希 ]

価格:1,540円
(2020/12/25 17:36時点)
感想(8件)




ブログ村に参加しています。宜しければ応援クリックをお願い致します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村