おけいどんの適温生活と投資日記(FIRE生活、世界30ヵ国の増配株、ETF、リート投資)

アーリーリタイア ブロガー 桶井 道/おけいどんがFIRE生活と投資について綴ります。投資歴23年、日米など30ヵ国の増配株、ETF、リート。親介護なども発信。【メディア掲載】多数、詳細はプロフィールに記載。【書籍】 今日からFIRE! おけいどん式 40代でも遅くない退職準備&資産形成術。【仕事依頼について】問い合わせフォーム(「カテゴリー検索」から探せます)からお願いします

●米、豪、シンガポールのリートに投資するワケ

こんにちは、okeydon(桶井 道/おけいどん)です。


過去の記事で書きましたが、僕okeydonは、J-REITに投資していません。

他方で、先進国REITには投資しています。具体的には、米国、豪州、シンガポールです。

この記事では、それら先進国REITに投資する理由を書きます。



◆米国REITに投資する理由
f:id:okeydon:20220123164448j:plain

米国REITに投資する理由。

まずはREITといえば米国発祥、1965年に初上場と歴史があり、ありとあらゆるものがREITなんです。REITといえば、オフィス、物流施設、商業施設、ホテル、住宅が思い浮かびますが、米国ではそれらに加えて、インフラ(携帯電話の基地局など)、貸倉庫、データセンター、森林、農地、医療施設、さらには刑務所ですらREITなんです。びっくりしますよね。

歴史が長く、なんでもREITであることから、REITの世界時価総額のうち、実に3分の2が米国です。

そして、米国はなんと言っても人口増加国。これが大事。REITに投資するには、不動産価値が下がらないことが、絶対条件です。

さらに、REITは不動産投資ですから、家賃で儲けるイメージがありますが、例えば米国REITのひとつ、RWRは長期的に見て株価も上がっています。

僕の投資銘柄は、RWRです。



◆豪州REITに投資する理由
f:id:okeydon:20220123164506j:plain

豪州REITに投資する理由。

米国同様に人口増加です。これが一番大事。そして、安定した経済成長という強みもあります。ITバブル崩壊リーマンショックのときすら経済成長しています。コロナ禍までの期間、実に28年間も世界最長の景気拡大が続いた実績があるのです。

REITの歴史も長く、1971年まで遡ります。REIT時価総額は、米国、日本に次ぐ3位です。

僕の投資銘柄は、東証上場の1555 上場インデックスファンド豪州リートです。



シンガポールREITに投資する理由
f:id:okeydon:20220123164525j:plain

シンガポールREITに投資する理由。

シンガポールは、実質的にASEANの首都とされます。世界的な金融都市として有名です。かつ、都市国家で、東京23区とほぼ同じ面積と国土が狭いことから、不動産価値が保たれるでしょう。

政治が安定、親交のある国が多く地政学リスクが低い、台風・地震・火山など自然災害が発生する要因がない、これらからリスクの低い国と判断しています。

世界の1人当たり名目GDPでは、2020年で、世界7位です。シンガポールより上は、上位から順に、ルクセンブルク、スイス、アイルランドノルウェー、米国、デンマークです。参考までに、日本は24位です。

僕の投資銘柄は、ライオン フィリップ S-REITです。



米国、豪州、シンガポールの3ヵ国のREITに投資していますが、全てETFです。個別REITではなくETFで分散しています。


J-REITにこだわらずとも、世界は広いです。優良な投資先があります。



今日も何事にも適温でまいりましょう。



関連記事です。
J-REITに投資しない理由
okeydon.hatenablog.com





ⓘスポンサードリンク




ブログ村に参加しています。宜しければ応援クリックをお願い致します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村