おけいどんの適温生活と投資日記(セミリタイア、世界高配当株収集家、サンカー)

セミリタイア適温生活と投資について綴ります。現在は時短社員、2020年春にアーリーリタイア予定。投資(分散投資という名のもと世界の株を収集)、節約、節税、銀行との付き合い、親孝行、ホテル、スイーツ、サンカーなど。

●J-REIT(Jリート)に投資しない理由〜リターンとリスクを比較〜

こんにちは、okeydon(おけいどん)です。


僕okeydonは、アセット分散するなかで、豪REITに投資しており、米REITにもETF SPYDを通じて投資しています。しかしながら、J-REITには投資していません。つみたてNISAで、8資産均等型(日本と先進国の株、国債REITおよび新興国の株、国債に8均等分散)にてJ-REITに年間5万円投資していることのみ例外ですが、これはJ-REITを除く7資産均等型がないので選択した経緯があります。それ以外では今後もJ-REITに投資する予定はありません。
f:id:okeydon:20190510204713j:plain


卵をひとつの籠に盛るなとはよく言いますが、僕okeydonはこの格言をよく守っています。資産を、アセット分散、国際分散、銘柄分散、時間分散して、保有しています。具体的には、定期預金(複数の銀行に分散預金)、保険(個人年金保険、貯蓄型がん保険など)、日本国債、国内外株およびETF(世界各国分散)60銘柄以上、つみたてNISA(8資産均等型)、海外REITです。


f:id:okeydon:20190510205248j:plain
これだけ分散しているのに、なぜJ-REITを持たないのか?

僕okeydonは、日本株も国内だけで売上を稼ぐ企業への投資はこのところ控えています。インバウンドがさらに活発化するとはいえ、人口減、少子高齢化する日本の内需だけで稼ぐ企業はじり貧になると思うからです。そして、J-REITも同じだと思うのです。日本の不動産は長期的に見て価格は下がるだろうと。東京だけは別とは言われます。世界的に見ても勝負できる都市だと。とはいうものの、一都市だけに投資するのも、日本は自然災害が多いのが大きなリスクです。万が一、自然災害が不動産を直撃すると価格は暴落し、回復には相当な時間を要します。


また、僕okeydonは、定期預金を日本円で持ち、日本で保険に加入し、日本株も持ち、日本で労働して日本円で賃金を得ています。ここから、さらにJ-REITに投資して日本の資産を増やす気にはなれないのも理由のひとつです。


J-REITは利回りがよく、高配当銘柄で「じぶん年金」を構築する僕okeydonには、全くもって魅力に映らないわけではありません。しかしながら、いろんな投資先があるなかで、リターンとリスクを鑑みると、敢えてJ-REITを選択する理由がなかなか見つかりません。もっと、ほかにいくらでも投資先があると思うのです。REITだけで見ても、米REIT、豪REITがあります。同じくらいの利回りがある株も世界中にいくらでもあります。
f:id:okeydon:20190510205026j:plain


これらが、J-REIT(Jリート)に投資しない理由です。


投資判断は、自己責任にてお願い致します。


今日も何事にも適温でまいりましょう。


関連記事です。
1555 上場インデックスファンド豪州リートの紹介記事です。日本円で、日本株口座にて、オーストラリアリートに投資できます。
okeydon.hatenablog.com


ブログ村に参加しています。宜しければ応援クリックをお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村