おけいどんの適温生活と投資日記(FIRE生活、世界30ヵ国の増配株、ETF、リート投資)

アーリーリタイア ブロガー 桶井 道/おけいどんがFIRE生活と投資について綴ります。投資歴23年、日米など30ヵ国の増配株、ETF、リート。親介護なども発信。【メディア掲載】多数、詳細はプロフィールに記載。【書籍】 今日からFIRE! おけいどん式 40代でも遅くない退職準備&資産形成術。【仕事依頼について】問い合わせフォーム(「カテゴリー検索」から探せます)からお願いします

●外国株投資は通貨安に注意、為替の考え方(初心者向け)

こんにちは、okeydon(桶井 道/おけいどん)です。


あなたは、外国株投資をするときに、為替レートを意識されますか?

f:id:okeydon:20211113163635j:plain


この記事では、外国株投資と為替レートの関係を記述します。



ⓘスポンサードリンク



◆米国株の場合

僕okeydonは、米国株に関しては、為替レートをあまり意識しません。それは、株価が為替レートを超えるパフォーマンスを持つと期待できるからです。日米は先進国同士でもあり、近年の為替レートを鑑みても、為替が、株価成長を棄損するような、そこまでのボラタイルな動きをしないと思っています。

f:id:okeydon:20211113165448p:plain

f:id:okeydon:20211113163835p:plain
(チャート引用:世界経済のネタ帳。以下同様。)



多少気にするのは、円安ドル高のときには、成熟した高配当株ではなく、株価成長する銘柄への投資を優先します。後々、円高ドル安になったときに、円換算で含み損を抱えたくないからです。トータルリターンではプラスになっても、あまり気持ちの良いものではありません。



では、米国以外は?

為替レートをおおいに意識します。


◆豪州株の場合

例えば、先進国同士でも、豪州株投資においては、為替が物を言うとさえ思っています。豪州株には、高配当株はあるものの、成長株が見当たらないからというのも理由です。現状の1豪ドル=83円台では、投資を躊躇います。


f:id:okeydon:20211113164036p:plain

現行の為替レートでは、成熟化して株価成長の見込めない高配当株や、REITへの投資には注意が必要です。為替を気にしなくてもいいような、日本から簡単にアクセスできる豪州の成長株はあるのでしょうか?

もっとも、高配当銘柄への超長期投資であれば、トータルリターンはプラスにはなるでしょうが、それでも、今の為替レートのタイミングでは、僕は敢えて手出しはしません。他にも投資する銘柄がいくらでもあるからです。


新興国株の場合

さらに、新興国株への投資のときは、かなり注意が必要です。必ず、過去の為替をチャートで確認します。

例えば、トルコやブラジルの企業は、米国市場にADR株が上場しています。配当利回りが7〜10%台など高利回りな銘柄もあります。

ところが、この利回りだけを見て飛びつくのは辞めましょう。もちろん、従来から申してますように銘柄分析をするという視点も大切です。ですが、その前に、為替レートを確認しましょう。

ここで、トルコリラとブラジルレアルの為替レートをチャートで見ましょう。


先にトルコリラから。

【対ドル為替レート】
f:id:okeydon:20211113164113p:plain

【対円為替レート】
f:id:okeydon:20211113164445p:plain



次に、ブラジルレアルです。

【対ドル為替レート】
f:id:okeydon:20211113164511p:plain

【対円為替レート】
f:id:okeydon:20211113164254p:plain


どれを見ても、ずーーーっと右肩下がりなのが分かります。ドル高(円高)通貨安になっているということです。それは、どういうことでしょうか?投資するとどう影響があるのでしょうか?

具体的に計算してみましょう。2018年に1ブラジルレアル=0.3ドルで投資したとします。それが、2021年に1ブラジルレアル=0.2ドルになりました。3年で、通貨の価値が3分の2になりました。これは、ドルベースで考えると、株価が3年で1.5倍になって初めてトントンということです。なかなか厳しいですね。



このように、特に、新興国投資するときは、為替レートに敏感になる必要があります。



僕okeydonは、数年前に、ブラジルのイタウウニバンコADR株(米国上場)に投資しました。ドル建ての株価はとても厳しいです。身をもって体験しています。少額ですのでいい勉強になりました。


◆まとめ

外国株に投資するときは、株価(株価チャート)だけを見ない、配当利回りばかりを見ない、銘柄分析は必ずする、そして、為替レートも頭に入れましょう。ただし、米国株投資では、そんなに気にする必要はないと思います。



投資判断は自己責任にてお願い致します。



今日も何事にも適温でまいりましょう。




ⓘスポンサードリンク






ブログ村に参加しています。宜しければ応援クリックをお願い致します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村