おけいどんの適温生活と投資日記(節約FIRE、世界高配当・増配株投資)

アーリーリタイア ブロガー桶井 道/おけいどんがFIRE生活と投資について綴ります。2020年秋 億りFIRE。投資歴23年、米国株・日本株など17ヵ国の増配株メイン、節約が得意。節税も。親孝行、親介助なども発信。【メディア掲載】AERA、プレジデント、ダイヤモンドZAi、日経マネー、日経新聞、毎日新聞ほか【書籍】 今日からFIRE! おけいどん式 40代でも遅くない退職準備&資産形成術。【仕事依頼について】問い合わせフォーム(「カテゴリー検索」から探せます)からお願いします

●節約日記、コンセントを抜きまくる 年間3000円の節約

こんにちは、okeydon(桶井 道/おけいどん)です。


僕okeydonは、節約を心掛けています。

その一つに、コンセントを抜きまくる、というのがあります。



ⓘスポンサードリンク





コンセントを抜くことが節約なのか?と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。


f:id:okeydon:20210723215825p:plain


電化製品は、たとえ使用していなくとも、コンセントを繋いでいる状態だと、待機電力と呼ばれる電力を消費し続けています。


待機電力とは何か?

コンセントに接続した電化製品は、使っていなくても微少な電力を消費しています。電化製品は、コンセントから電力供給を受けることで、人が操作したらいつでも稼働できるようスタンバイしているのです。この状態で消費される電力を「待機電力」といいます。



そんな、コンセントを差し込んでいるだけで消費する電力なんて、たかがしれているだろう!と思われますか??!



資源エネルギー庁の資料「家庭の消費電力量に占める待機時消費電力量の割合」にて、待機電力が意外に大きな数字であることが分かります。(資料は少し古く平成24年度のもの)

f:id:okeydon:20210723215859j:plain


家庭の使用電力のうち、5.1%もが待機電力なのです。年間にして、228kWhです。


これを金額に換算すると、1kWh=27円として、6,156円となります。意外と馬鹿にならない金額なんです。



では、どんな機器が待機電力を使っているのでしょう?

同じく、資源エネルギー庁の資料で確認できます。

f:id:okeydon:20210723220042j:plain


第1位 ガス温水器(19%)
第2位 テレビ(10%)
第3位 エアコン(8%)
第3位 電話機(8%)
第5位 BD・HDD・DVDレコーダー(6%)
第6位 ウォシュレット便座(5%)
第7位 パソコン(4%)
第8位 電子レンジ(3%)
第9位 インターネット機器(3%)
第10位 インターホン(2%)


この待機電力を全てカットすることは不可能です。しかしながら、削減することは可能です。資源エネルギー庁は、この年間の待機電力228kWのうち116kWhを削減することが可能である、としています。実に、半減できる訳です。

金額に換算すると、1kWh=27円として、3,132円となります。


では、どのようにして、待機電力を削減するのでしょうか。それは、主電源を切る、コンセントを抜く、もしくはテーブルタップのスイッチをオフにする、のいずれかです。

僕okeydonは、例えば、エアコンは春秋のシーズンオフはコンセントを抜いています。テレビを見ないときは主電源を切ります。使わないときには扇風機のコンセントは抜きます。プリンターも使うときだけコンセントを差し込みます。特に、外出前、就寝前にはコンセントというコンセントを抜きまくります。



このように、僕okeydonは、待機電力の節電をしています。また、コンセントを抜くことは節電だけではなく、火災予防にもなります。

実は、数ヶ月前、テーブルタップがスパークして焦げましたが、在宅中だったので難を逃れました。留守中にスパークして近くの紙類やタオルなどに引火したと思うとゾッとします。



このように、ただコンセントを抜くだけで、待機電力を半減できます。金額にして年間 約3,000円です。節約はこの積み上げです。総合力です!



今日も何事にも適温でまいりましょう。



ⓘスポンサードリンク






【スイッチ付きテーブルタップ】
こまめにスイッチオフしませんか?

エレコム 電源タップ 雷ガード 個別スイッチ ほこりシャッター付 6個口 2.5m



ブログ村に参加しています。宜しければ応援クリックをお願い致します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村