おけいどんの適温生活と投資日記(FIRE生活、世界30ヵ国の増配株、ETF、リート投資)

アーリーリタイア ブロガー 桶井 道/おけいどんがFIRE生活と投資について綴ります。投資歴23年、日米など30ヵ国の増配株、ETF、リート。親介護なども発信。【メディア掲載/コラム連載】多数、プロフィールに記載。【著書】 2冊(FIRE本、米国ETF投資本、Amazonにて桶井 道で検索して下さい)【仕事依頼について】問い合わせフォーム(「カテゴリー検索」から探せます)からお願いします

●未来予想×投資 新興国の発展→資源高→資源株の成長

こんにちは、okeydon(桶井 道/おけいどん)です。


僕okeydonのポートフォリオには、資源株および資源価格に影響を受ける商社株が多数あります。三菱商事三井物産伊藤忠商事および豪BHPです。さらに、英リオティントへの投資も視野に入れています。

現状でも、ポートフォリオ内のセクター比率で資源が多くを占めていますが、まだなお投資をしようとしています。



それには、理由があります。

一般的に、中長期では、資源株は景気に左右されます。この1年ほどがピークである可能性は大きくあります。ところが、世界銀行の予想では、この先数年も以前のような価格には戻らないとされます。やや安くなるとはいえ、高値維持なのです。



さらには、超長期では、資源価格は高くなると、僕は予想しています。

根本的に、社会の発展には鉄が必要です。鉄を製造するには、鉄鉱石と原料炭が必要です。そして、再生可能エネルギーや電化に伴って銅やリチウムの需要も増えるでしょう。

さらには、新興国が成長して、資源を必要とするようになります。先進国も需要が減ることはないでしょう。よって、世界的に資源の取り合いとなり、資源価格が高騰する、つまり資源株は成長する...と見ているのです。



世界銀行の実質GDP成長率の予想を見てみましょう。2024年の予想では、先進国平均が1.9%であるのに対して、新興国平均は4.4%もあります。中国、インド、インドネシア、タイ、パキスタンバングラディッシュなどアジア新興国が高く、5〜6%台になっています。


より長期で見ても、アジア新興国の成長が予測されています。



よって、僕okeydonは、資源高→資源株の成長を予想しているのです。

現行のポートフォリオにある、三菱商事三井物産伊藤忠商事およびBHPをホールドしつつ、新規でリオティントへの投資を考えています。他方で、石油系は少しだけ保有していますが、ポジションを増やす予定はありません。ESG投資の潮流から石油系は難しく、他の資源株の方が株価は伸びると思うからです。



投資判断は自己責任にてお願い致します。



今日も何事にも適温でまいりましょう。




ⓘスポンサードリンク




【月20万円の不労所得を手に入れる! おけいどん式ほったらかし米国ETF入門】
桶井 道の単行本2冊目。2022年8月12日発売。

米国投資本です。あまり語られない投資の「出口戦略」を提案、ETF vs 投資信託を比較、東証ETFと米国ETFを解説・55銘柄解剖、という内容です。

ETFの特徴、コスト、儲かり度などを通常の投資信託と比べながら“良いところも悪いところも”包み隠さず紹介します。読後はETF図鑑として長くご活用頂けます。

Amazon


楽天

月20万円の不労所得を手に入れる! おけいどん式ほったらかし米国ETF入門 [ 桶井 道 ]

価格:1,760円
(2022/7/21 21:35時点)


ブログ村に参加しています。宜しければ応援クリックをお願い致します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村