おけいどんの適温生活と投資日記(FIRE生活、世界30ヵ国の増配株、ETF、リート投資)

アーリーリタイア ブロガー 桶井 道/おけいどんがFIRE生活と投資について綴ります。投資歴23年、日米など30ヵ国の増配株、ETF、リート。親介護なども発信。【メディア掲載/コラム連載】多数、プロフィールに記載。【著書】 2冊(FIRE本、米国ETF投資本、Amazonにて桶井 道で検索して下さい)【仕事依頼について】問い合わせフォーム(「カテゴリー検索」から探せます)からお願いします

●証券会社ホームページに「NTTが12/28権利付最終日」との表示 権利付最終日は必ずしも配当金と関係がある訳ではない

こんにちは、okeydon(おけいどん)です。


過日、Twitterで、次のような呟きをしました。

f:id:okeydon:20201218230154j:plain


SBI証券の説明表示部分を拡大しておきます。

f:id:okeydon:20201218231532j:plain


これに対して、リプライ、リツイート、いいねが複数あり、同じような疑問を持たれている投資家さんが多くおられるようでした。



ⓘスポンサードリンク





SBI証券に問い合わせ
そこで、僕okeydonは、疑問があれば晴らさないと気が済まないタイプですから、すぐにSBI証券に問い合わせをしました。「NTTに!マークがあり、クリックすると、権利付最終日が12/28とありますが、これは特別配当ですか?」と。

それに対して、SBI証券より次のような回答(概略を表記)がありました。
①!マークは「取引注意情報」がある銘柄に対して表示します。
②クリックすると「取引注意情報」の内容がご確認いただけます。

これでは、何も分かりません。当該の取引注意情報を見て疑問があって問い合わせしたのですから、、、



◆NTTに問い合わせ
解決するためには、NTTに問い合わせた方が早いし、確実だなと思い直して、NTTのIR担当に電話をしました。

次のような回答(概略を表記)がありました。
①12/28は確かに権利付最終日である。
②NTTは四半期ごとに権利付最終日があり、3月6月9月12月である。
③権利付最終日とはいえ、必ずしも配当がある訳ではない。
④権利付最終日は、「株主名簿の確定」に使う。
⑤④の目的は、配当金の支払い以外に、例えば、株主優待の株主チェックにも使う。つまり、11月まで株主であっても、12/28に株主で無くなっていた場合は3月に株主に戻っていたとしても、株主優待が受けられないケースがある。
⑥この12月に配当はない。

ということでした。



◆まとめ
謎が解けました。

権利付最終日というものは、必ずしも配当金を伴うものではないということです。これは、ひとつ勉強になりました。


NTT以外にも、同様に12/28が権利付最終日である旨の表示がある銘柄が複数あるとの情報がありますが、おそらく他の銘柄も同じ理由であることが想像できます。ただし、最終的にはご自身でご確認くださいね。責任は持てません。


今日も何事にも適温でまいりましょう。



ⓘスポンサードリンク






にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村