おけいどんの適温生活と投資日記(セミリタイア、世界高配当株収集家、サンカー)

セミリタイア適温生活と投資について綴ります。現在は時短社員、2020年春にアーリーリタイア予定。投資(分散投資という名のもと世界の株を収集)、節約、節税、銀行との付き合い、親孝行、ホテル、スイーツ、サンカーなど。

●煙草、缶コーヒー、夕刊紙etc、その習慣を辞めたらいくら貯まります?〜1日単位ではなく10年単位で考えよう〜

こんにちは、okeydon(おけいどん)です。


あなたは習慣的に毎日買っているものはありますか? 毎日 駅売店やコンビニに寄る習慣はありますか?スポーツ新聞?煙草?缶コーヒー?ペットポトル飲料?夕刊紙?それって本当に毎日 必要ですか?
f:id:okeydon:20190208184527j:plain

これらひとつひとつは大した額ではないように思えます。1日単位ならば。けれど、それを1年単位、10年単位、それ以上で見れば全く異なる光景が見えてきます。


毎朝 スポーツ新聞を買い 140円
毎日 煙草を1箱吸い 500円
毎日 ペットポトル飲料を買い 150円
毎昼食後 缶コーヒーを飲み 130円
毎夕 夕刊紙を買い 140円
これだけの習慣があるとすれば、1日1060円もの支出になります。

1日単位ではなく、年単位で計算してみましょう。
1年では、1060円×365日=約38万円
10年では、約38万円×10年=約380万円
これが入社から定年まで続けば、約38万円×43年=約1634万円
f:id:okeydon:20190208184609j:plain

煙草だけで計算しても、
1年では、500円×365日=約18万円
10年では、約18万円×10年=約180万円
20歳から80歳まで60年では、約18万円×60年=約1080万円

実に1080万円!しかし、これは値上げを前提としていません。必ず値上げは生じますから、実際にはもっと大きなお金になります。例えば、約60年前 煙草は1箱70円程度でした。そう考えると、そのうち1箱1000円の時代が来るかもしれませんね。そうなると、1080万円ではなく、2160万円になります。
f:id:okeydon:20190208184833j:plain


煙草に1080万円も、まして2160万円もかけるなら、煙草会社の株を煙草を買う感覚で積立投資した方がよほど有意義です。煙草を吸う側になるか、煙草会社に投資する側になるかで、老後にまったく違った光景が見えます。


スポーツ新聞や夕刊紙はスマホのネットニュースで代用できます。ペットポトル飲料は家茶で代用できます。煙草は禁煙すると健康にプラスになります。昼食後の缶コーヒーは癒し効果があるでしょうけど毎日必要ですか?


習慣はもしかしたら敵です。習慣はもしかしたら浪費です。その習慣が自分の毎日に、自分の人生に本当にプラスになるのか、一度見つめ直してもいいと思います。
f:id:okeydon:20190208185257j:plain


毎日 満員電車で通勤して、上司に叱られ、同僚と競争して、暑い日も、寒い日も、汗水垂らして働いて手にしたお金をどう使うのか。浪費してもいいのか。「自分が稼いだお金をどう使おうと勝手だ」とか、そういう短期的視線でお金と付き合わずに、今 手にしたお金は生涯資金の一部であることをしっかりと考えるべきだと思います。人生100年時代に突入していくなか、お金も10年単位、100年単位で見ていく必要があると思います。


f:id:okeydon:20190208184923j:plain
煙草だけで生涯1080〜2160万円もの支出、この額はあまりに大きいです。この額をどう使うかで、人生は大きく変わると思います。日々の500円程度の支出の誤差も、人生では決して誤差で済まなくなるのです。
(・・・とは、フィリップモリスやアルトリアのホルダーとして、本当は言ってはいけないんでしょうけど 汗)


ブログ村に参加しています。宜しければ応援クリックをお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村