おけいどんの適温生活と投資日記(FIRE生活、世界30ヵ国の増配株、ETF、リート投資)

アーリーリタイア ブロガー 桶井 道/おけいどんがFIRE生活と投資について綴ります。投資歴23年、日米など30ヵ国の増配株、ETF、リート。親介護なども発信。【メディア掲載】多数、詳細はプロフィールに記載。【書籍】 今日からFIRE! おけいどん式 40代でも遅くない退職準備&資産形成術。【仕事依頼について】問い合わせフォーム(「カテゴリー検索」から探せます)からお願いします

●不安定な相場が不安なら、その銘柄に投資した理由を思い出そう

こんにちは、okeydon(桶井 道/おけいどん)です。


不安定な相場が続いています。

ロシア・ウクライナ情勢、米国の金利上昇局面、岸田リスク、コロナ禍など、複合要因により、相場を読むことなど不可能です。

元から相場を読もうとしても、これら事案に対して、投資家がどんな反応をするのか、読み切れるものではありません。AIによる高速売買が余計に難しくしています。大袈裟な動きをするからです。


ボラティリティの高さに、不安になることも多いと思います。どう不安な気持ちをコントロールするか? 課題だと思います。



そういうときには、その銘柄に投資した理由を思い出してみて下さい。

「あなたは、その銘柄に投資した理由は何ですか?」 米国の金利地政学リスク、政治リスクを評価して、 その銘柄に投資した訳ではないはずです。

株価は、短期ではそれらリスクに反応して、需給で動きます。ときには、大袈裟な反応をするものです。一方、長期では企業価値で決まるものです。

従いまして、長期投資であれば、短期的な動きを追う必要など、ありません。米国の金利も、政治リスクも、地政学リスクも、「ノイズ」と捉えましょう。


f:id:okeydon:20220228202711j:plain
(ノイズは気にしない。見ない、聞かない、口にしない。)


あなたは、なぜ、その銘柄に魅力を感じたのか? どう評価したのか? なぜ、投資を決断したのか? 

事業内容、技術力、ブランド力、参入障壁、売上高成長率、営業利益率、市場シェア、市場拡大、増配率、連続増配年数、、、などを分析されたはずです。

それを思い出して、目先の株価の動きではなくて、5年先、10年先の企業の姿を、将来性に目を向けましょう。


昨日今日明日、来週、来月など短期で判断するのは短期売買の判断軸です。長期投資は、長期で判断しましょう。



投資判断は自己責任にてお願いします。



今日も何事にも適温でまいりましょう。


関連記事です。
米国株も長期軟調な時期がありました。
okeydon.hatenablog.com


おけいどん式ファンダメンタルズ分析
okeydon.hatenablog.com



ⓘスポンサードリンク




【PayPay証券】
あなたも、PayPay証券で、日本株・米国株に1000円投資始めませんか?

例えば、Amazonを1株買うには30万円以上必要ですが、PayPay証券ならAmazonに1000円で投資できます!


米国株取扱い銘柄例
Amazon、アップル、アルファベット(Google)、マイクロソフトスターバックス、VISAなど大企業
・VTI、VIG、QQQなどETF


ブログ村に参加しています。宜しければ応援クリックをお願い致します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村