おけいどんの適温生活と投資日記(FIRE生活、世界30ヵ国の増配株、ETF、リート投資)

アーリーリタイア ブロガー 桶井 道/おけいどんがFIRE生活と投資について綴ります。投資歴23年、日米など30ヵ国の増配株、ETF、リート。親介護なども発信。【メディア掲載】多数、詳細はプロフィールに記載。【書籍】 今日からFIRE! おけいどん式 40代でも遅くない退職準備&資産形成術。【仕事依頼について】問い合わせフォーム(「カテゴリー検索」から探せます)からお願いします

●S&P500 EPSとPERから占う株価の行方、バブルでは無い

こんにちは、okeydon(桶井 道/おけいどん)です。


米国株は、金利動向を意識しながらも、順調に株価を上げていますね。

これはバブルなのか?高すぎるのでは無いか?果たしてどうなのでしょう?


単に株価を過去と比べるだけとか、感情とかでは、正確な判断は出来ません。中身を見て判断する必要があります。


ここで、株価の基本に返りましょう。

弊ブログでも、Twitterおよび拙著等でも、何度も記述してきましたように、

「株価=EPS×PER」です。



EPSから見ましょう。

次のグラフの通り、S&P500のEPS推移はとても順調です。2020年はコロナが企業業績に直撃していますが、見事なV字回復をしています。2021年は、コロナ前の2019年を上回る予想です。

f:id:okeydon:20210626172911j:plain



次に予想PERです。

2000年のドットコムバブルのときで、25倍程度でした。2008年のリーマンショックで10倍程度まで下落しています。2000年をピークに2012年までは下落基調でした。

それ以降は上昇基調で、2021年6月18日現在で21.86倍と高くなっています。2020年の金融緩和以降は金融相場なので、PERが高くなる傾向があります。

今後は、業績相場に移行すると、PERは落ち着く傾向にあるとされています。



このようにEPSとPERから見ると、この先は企業業績が好調でEPSが成長して、対してPERは落ち着いていくでしょう。現行は、金融相場であることも鑑みると、決してバブルでも無いように思います。この先もEPSが成長することから過熱感はないと思います。



投資判断は自己責任にてお願い致します。



今日も何事にも適温でまいりましょう。




ⓘスポンサードリンク





【PayPay証券】
あなたも、PayPay証券で、日本株・米国株に1000円投資始めませんか?

例えば、Amazonを1株買うには30万円以上必要ですが、PayPay証券ならAmazonに1000円で投資できます!


米国株取扱い銘柄例
Amazon、アップル、アルファベット(Google)、マイクロソフトスターバックス、VISAなど大企業
ファストリー、レモネードなど新しい企業
・VTI、VIG、QQQなどETF



ブログ村に参加しています。宜しければ応援クリックをお願い致します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村