おけいどんの適温生活と投資日記(節約FIRE、世界高配当・増配株投資)

アーリーリタイア ブロガーおけいどん(桶井 道)がFIRE生活と投資について綴ります。2020年10月末にFIRE。投資が好き(17ヵ国の高配当株と増配株をメインとし成長株にも投資)、節約が得意(座右の銘「ケチは財を成す」)、節税、親孝行など。【メディア掲載】AERA、プレジデント、ダイヤモンドZAi、日経マネー、日経新聞、毎日新聞ほか【書籍】 今日からFIRE! おけいどん式 40代でも遅くない退職準備&資産形成術。【仕事依頼について】問い合わせフォーム(「カテゴリー検索」から探せます)からお願いします

●アーリーリタイアのためにはプラスのキャッシュフローを構築しよう!〜第5の収入源 稼働決定〜

こんにちは、okeydon(桶井 道/おけいどん)です。


僕okeydon(桶井 道/おけいどん)は、2020年10月末に、20数年勤めた勤務先を退職して、アーリーリタイアしました。

そのために、それなりの資産を積み上げてきましたが、それだけではなく、(プラスの)キャッシュフローも築いています。不労所得ですね。


f:id:okeydon:20210224145257j:plain


アーリーリタイアのためには、資産を築くというだけではなく、(プラスの)キャッシュフローを作ることが、その近道になります。

資産だけを築いて、リタイア後はその資産を取り崩していくというのでは、かなりの資産額が必要になりますし、資産の目減りにメンタルをすり減らすことにもなります。

そこで、(プラスの)キャッシュフローを作るのです。それにより、リタイアに必要な資産額を減らすことができますし、減りゆく資産にメンタルをすり減らさずに済みます。



僕okeydonのアーリーリタイア後の収入源は、次のようになっています。

第1 株・REIT・債券・ETFからの配当金
第2 父の事業の手伝い
第3 ブログ関連
第4 書籍印税およびメディア取材報酬

これまでは、この4つでした。書籍印税の振り込みはまだ少し先です。本が印刷されるごとに入金されることになり、まずは初版本の印税が入ります。



そして、この度、さらに第5の収入源が出来ました。3年ほど前から勉強して、2年ほど前から構想を温めて、1年ほど前から具体的な準備をして、最終段階ではその道のプロに一部アウトソーシングもしました。そして、ついに今月から収入が入り始めます。


これまで、資産額や収入額など弊ブログでは公表してこなかったことも、3月12日に出版する拙著「今日からFIRE! おけいどん式 40代でも遅くない退職準備&資産形成術」では包み隠さずに記述しました。が、この第5の収入源が何かについては、現段階では、おそらく今後も非公表とさせていただきます。


(関連情報)
おけいどん著:今日からFIRE! おけいどん式 40代でも遅くない退職準備&資産形成術

Amazon

楽天

今日からFIRE! おけいどん式 40代でも遅くない退職準備 & 資産形成術 / 桶井道 【本】

価格:1,760円
(2021/3/1 22:27時点)
感想(0件)

今日からFIRE! おけいどん式 40代でも遅くない退職準備&資産形成術 [ 桶井 道 ]

価格:1,760円
(2021/2/12 21:08時点)
感想(0件)

楽天(電子書籍)】

今日からFIRE! おけいどん式 40代でも遅くない退職準備&資産形成術【電子書籍】[ 桶井道 ]

価格:1,584円
(2021/3/1 22:40時点)
感想(0件)


弊ブログにいつもご来訪くださる皆様方、検索してこの記事にたどり着いてくださった皆様方は、きっとアーリーリタイアを目指されておられると思います。


日々、資産形成を勉強され、実践されていると思います。その資産形成法として、投資や貯金で資産を増やすこと、節約すること、もちろん労働することも大切です。

そこに、是非とも何か(プラスの)キャッシュフローを構築することも入れてください。資産額だけではなく、キャッシュフローにも目を向けましょう。投資家なら、まずは配当金ですね。


そうすることで、完全リタイアせずとも、週20時間程度の短時間労働という選択肢も有りだと思います。


(プラスの)キャッシュフローを作ることで、アーリーリタイア、セミリタイア、ダウンシフトはいくらか早まります。



今日も何事にも適温でまいりましょう。



【身近な1000円投資から始めてみても】
投資にはタネ銭が必要だから、遠い存在?いえ、今はそうでもありません。例えば、PayPay証券なら、日本株も米国株も1000円投資が可能です。米国株も以前より随分と身近な存在になりました。

Amazonを1株買うには30万円以上必要ですが、PayPay証券ならAmazonに1000円で投資できます!

米国株取扱い銘柄例
Amazon、アップル、アルファベット(Google)、マイクロソフトスターバックス、VISAなど大企業




ⓘスポンサードリンク





ブログ村に参加しています。宜しければ応援クリックをお願い致します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村