おけいどんの適温生活と投資日記(FIRE生活、世界30ヵ国の増配株、ETF、リート投資)

アーリーリタイア ブロガー 桶井 道/おけいどんがFIRE生活と投資について綴ります。投資歴23年、日米など30ヵ国の増配株、ETF、リート。親介護なども発信。【メディア掲載/コラム連載】多数、プロフィールに記載。【著書】 2冊(FIRE本、米国ETF投資本、Amazonにて桶井 道で検索して下さい)【仕事依頼について】問い合わせフォーム(「カテゴリー検索」から探せます)からお願いします

●サラリーマンとして残した実績を自己評価したい

こんにちは、okeydon(おけいどん)です。


いつもいつも、適温、適温とつぶやいていますが、自己評価を兼ねて、たまにはアピってみたいと思います。



そう思うきっかけは、、、

「おけいどんさんのこと、『勝手にリタイアおじさん』だと勘違いしてました」とか

「おけいどんさんって、のんびりしていると思ったら、ちゃんと仕事してたんですね」とか

ツイート頂いたからです。これは褒め言葉として受け止めて、ありがたく思っています。


が、たまには、アピールもしておかないと、「何もできないマン」にブランディングされるリスクを感じました(滝汗)



ⓘスポンサードリンク





というわけで、今日はサラリーマン人生を振り返って、僕okeydonのハイライトを綴ります。それなりに頑張ってたんです。


①営業成績トップで社長表彰
グループ企業を挙げた一大事業で、従業員数千人、関連企業も含めると1万人以上の中で、1位の営業成績を収めました。

表彰式は、シティホテルに上位10名だけが集められ、みんな中堅社員かベテラン社員ばかりで役職者だけのなかに、若手は僕だけ、誇らしかったです。

社長から表彰され、下戸ではありながらも、これも仕事だと昼間から飲みました。いつも上司のお酌を平気で断る僕も、さすがに社長のお酌を断るわけにもいきません。すると、あとから、あとから、ほかの役員もお酌に来られてしまい、弱りました。

結果、真っ赤になり会社に戻ると、部長から半笑いで怒られ(いじられ)ました。まだ若手でしたが、役員陣に一気に僕の名前が売れました。


f:id:okeydon:20201123231721j:plain
(そのときの金一封、実物)


②S&P500企業2社3事業部とワンマンで契約
S&P500企業といえば、米国上位500社に属する大企業です。日本企業とは比べ物になりません。

そこの上層部に、僕独自でプライベートなルートがあり、ワンマンで、S&P500企業2社3事業部と契約に成功しました。

会社として正式なルートでアポイントを取るには、それなりの役職者が先方の秘書を通じてアプローチしなければなりませんが、僕はお相手の個人携帯を知っており、即アポ、即商談、即契約という流れになりました。

先方は僕を「おけいさんはVIPだから」とリップサービスしてくださって、その場で契約成立となり、同行の上司は喜びながらも「お前すごいな」と引いてました(笑)


③3年間放置された案件を、担当して半年で契約
会社としてずっと懸念事項としながらも全くもって進展しない案件がありました。

僕は専門外でしたが、担当になることになりました。先輩や上位役職者がやって進まなかった案件ですから、僕はいい意味で完全に開き直りました。そして、スイッチが入り、短期間で猛勉強しました。自分の人脈も最大限に駆使しました。結果、担当して半年で契約にこぎつけました。


④会社が正式ルートで依頼して門前払いだった案件を、僕のアタックでクリア
会社がとあるノウハウを得るべく講習を受けたがっていた大手企業に、会社が正式ルートから依頼するも、会っても貰えませんでした。

ある日、社内電話で某部長から電話がありました。直接会って話がしたいとアポを取られました。

会社が会っても貰えなかったその企業の上層部とプライベートなルートがある僕ですが、どこからかそれを知ったその部長が、僕にルートをつないで欲しいとお願いされました。社内で有力な部長が余程行き詰まってのこと、頭を下げられたので、公私混同にはなるものの引き受けました。

僕から再アタックすると、ルートをつなぐどころか、二つ返事で講習を引き受けてもらえました。それも、ワーキングランチ代を負担するだけでした。代金が発生しなかったのは、先方にも大人の事情、建前もあったからだとは思います。



この辺りが、僕okeydonのサラリーマン生活のハイライトですね。失敗もたくさんありますが、いいことだけ書きました。こうして振り返ると、人脈に恵まれたと言えます。コツコツやっていると、評価してくださる方はいるものですね。これは、アーリーリタイアした今後も意識していこうと思います。


僕はFIREしましたが、体調不良がきっかけで会社を辞めたことも事実です。そこはこれまでも隠していません。けど、僕はサラリーマンとして頑張ったよなと、自己評価はしたいと思います。


今日も何事にも適温でまいりましょう。



ⓘスポンサードリンク







ブログ村に参加しています。宜しければ応援クリックをお願い致します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村