おけいどんの適温生活と投資日記(セミリタイア、世界高配当株収集家)

おけいどん(桶井 道)がセミリタイア適温生活と投資について綴ります。現在は時短社員、2020年12月末にアーリーリタイア予定。投資(分散投資という名のもと世界の株を収集)、節約、節税、銀行との付き合い、親孝行、ホテル、スイーツ、サンカーなど。メディア掲載:日経マネー2020年1月号、日経新聞電子版2020年5/4号・5/6号。

●withコロナ、afterコロナの投資先を考察

こんにちは、okeydon(おけいどん)です。


新型コロナにより、世界が、国が、社会が、企業が、人々の生き方が、いろんなものが現在進行形で変化しています。そして、今後も変化していくでしょう。

投資も、withコロナ、afterコロナを考えて、動く必要があります。銘柄選定も、これまでとは違った目で見る必要があるでしょう。投資家も変化に順応する必要があるということです。

f:id:okeydon:20200508204051p:plain



僕okeydonが、新型コロナにより変化すると思うのは、次の3つです。


①テレワークの増加
f:id:okeydon:20200508204118p:plain

これまでの、会社に出社して個人デスクで仕事する、対面で会議する、ワーキングランチする、そんなビジネスの在り方は、新型コロナの出現により、テレワークにとって変わりました。会議も在宅でzoomを使えば可能ですね。この動きは、afterコロナでも、一定数は継続されると思います。

企業からすると、事業所の家賃、社員の通勤交通費などの負担がなくなります。自社ビルを持つ必要もなくなり、それとともに警備、メンテナンス、清掃なども必要なくなります。そして、業務改善、業務効率化も進むでしょう。


②エンターテイメントの在宅化
f:id:okeydon:20200508204133j:plain

オンライン飲み会、オンライン帰省、新型コロナの出現により、個人と個人の繋がりはオンライン化されました。この流れは続くでしょう。そのほか、これまでNetflixAmazonなどが映像・動画の配信をしてきましたが、今後は新作映画も自宅で楽しむ時代が訪れると思います。音楽ライブも配信ライブになるでしょう。


③オンラインビジネスの拡大
f:id:okeydon:20200508204342j:plain

オンライン診療、オンラインヨガ、オンラインフィットネス、オンライン英会話、これまで個人が病院や店舗などに出向いていたことが、これからは在宅でオンラインで可能になる分野が広がるでしょう。そして、新型コロナにより、eコマースもより進みました。他には、バーチャルツアーやバーチャルショールームなどへの発展も考えられます。結婚披露宴すらオンラインになるかもしれません。



それらを踏まえて、投資先を考えてみました。

アメリカ マイクロソフト
テレワークといえばクラウドクラウドといえばマイクロソフトかと。元から強い銘柄ですが、新型コロナはマイクロソフトにとってマイナスもあるでしょうが、プラスの方が大きいように思えます。増配&成長株です。

銘柄分析
okeydon.hatenablog.com



◆カナダ BCE
テレワーク、エンターテイメントの在宅化、オンラインビジネスの拡大、どれを取っても通信が必要です。通信量の増加は通信大手のBCEにはプラスです。そして、BCEはカナダ最大のテレビサービス事業者でもあり、エンターテイメントの在宅化の恩恵も受けられます。2012年以降では、概ね40〜48米ドルのボックス圏で動いており、コロナ・ショックで一時は30ドル台になりましたが、このところは下値ラインの40ドルあたりにあり買い頃です。高配当&増配株です。

銘柄分析
okeydon.hatenablog.com



◆台湾 台湾セミコンダクター
データ量が増加するということは、データセンターが必要になります。データセンターが増えると、セミコンダクターつまり半導体の需要が増えます。5Gでも、半導体は必要です。台湾セミコンダクターは、半導体製造最大手です。増配&成長株です。

銘柄分析
okeydon.hatenablog.com



◆オランダ ASMLホールディング
半導体需要が増えるということは、半導体製造装置の需要も増えることになります。オランダのASMLホールディングは、半導体製造装置の大手メーカーです。世界最高峰の技術を持ちます。増配&成長株です。

銘柄分析
okeydon.hatenablog.com




コロナ・ショックで評価額が減った、資産が減った、とは、よく聞きます。僕okeydonも、金融資産は世帯ベースで3%ほど減りました。

とはいえ、資産の目減りをコロナの責任にしてはいけません。株価は、常に外部的要因により動きます。が、それに対して自分がどう動くのか、または動かないのか、つまり僕okeydonがよく言う、どう「アクション」するのかに尽きます。資産の動きは、外部的要因にあるように見えますが、実のところは内部的要因なのです。自分の頭のなかにあるのです。

f:id:okeydon:20200508204401p:plain


だから、新しい考えで銘柄選定をして、アクションする必要があります。beforeコロナの考え方で銘柄選定してパフォーマンスが上がらない場合に、それをずっと新型コロナの責任にしても何にもならないのです。



僕okeydonは、アーリーリタイア(トライアル)生活で給与収入がないため、次に買付余力が大きくなるのは6月に日本株の配当金を得たときです。ここに上げた銘柄への投資を考えています。最終的には、最新の決算情報やニュースリリースを見て考えます。



自然界では、変化に順応できる動物が生き残ります。経済界では、変化に順応できる企業が生き残ります。我々も変化に順応できる投資家になりましょう。

f:id:okeydon:20200508204425j:plain



投資判断は自己責任にてお願い致します。



今日も何事にも適温でまいりましょう。



【スポンサーリンク】
GMOインターネットの次世代レンタルサーバーでホームページ作成をはじめませんか?
↓↓↓
レンタルサーバーなら【Z.com】




ブログ村に参加しています。宜しければ応援クリックをお願い致します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村