おけいどんの適温生活と投資日記(アーリーリタイア、世界高配当株収集家)

おけいどん(桶井 道)がアーリーリタイア適温生活と投資について綴ります。2020年10月末にアーリーリタイア。投資(分散投資という名のもと世界の株を収集)、節約、節税、銀行との付き合い、親孝行、ホテル、スイーツ、サンカーなど。メディア掲載:ダイヤモンドZAi2020年10月号、日経マネー2020年1月号、日経新聞電子版2020年5/4号・5/6号・9/1号。

●フィリップ・モリスの配当金への10%外国源泉税率につき、再度問い合わせした結果(SBI証券より見解)

こんにちは、okeydon(おけいどん)です。


本日2度目の更新です。朝6時にも別記事をアップしています。



フィリップ・モリスから配当金が入金されましたが、何故だか外国源泉税率が10%となっていました。

f:id:okeydon:20200117212351j:plain


このことについて、SBI証券に対して先週末に問い合わせをしましたが、月曜日の返信で納得のいく回答が得られなかったことから、再度問い合わせをしていました。

okeydon.hatenablog.com



そして、火曜日に2度目の回答を得ました。ひとまず納得しましたので、しばらく様子を見ようと思います。



2度の問い合わせに対する、SBI証券からの回答(要約)は次の通りです。

フィリップ・モリスの配当金に対する現地税率(外国源泉税率)は、毎年変更される特殊税率になる。

税率が変更になる可能性があるため、配当金の支払時までに税率が確定していない場合には、租税条約により定められた10%の税金を徴収している。

そのため、配当金の支払いでも10%の税金を徴収する場合がある。

②現地側で還付が生じた場合には、お客様の外貨建口座へ入金する。



月末あたりには結論が出ると期待して待つことにします。



ただ、ひとつ思うことがあります。マニアックな銘柄ならともかく、フィリップ・モリス保有する株主はある程度おられると思います。よって、問い合わせも相当数が寄せられているでしょう。問い合わせはせずとも、不安や疑問を抱かれた方もおられると想像します。こういうことは、こちらから問い合わせせずとも、証券会社側がホームページで公表して欲しいものです。



今日も何事にも適温でまいりましょう。



ブログ村に参加しています。宜しければ応援クリックをお願い致します。

1度のクリックでは画面がブログ村に移動しない場合があります。そのときは、2度クリックして頂けますと画面が移動して、投票が反映されます。ご協力よろしくお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村