おけいどんの適温生活と投資日記(セミリタイア、世界高配当株収集家)

おけいどん(桶井 道)がセミリタイア適温生活と投資について綴ります。現在は時短社員、2020年12月末にアーリーリタイア予定。投資(分散投資という名のもと世界の株を収集)、節約、節税、銀行との付き合い、親孝行、ホテル、スイーツ、サンカーなど。メディア掲載:ダイヤモンドZAi2020年10月号、日経マネー2020年1月号、日経新聞電子版2020年5/4号・5/6号・9/1号。

●外国への投資を含む投資信託等の二重課税が一部解消へ

こんにちは、okeydon(おけいどん)です。


昨秋に消費増税があるなど、税金は上がることはあっても、なかなか下がることは考えにくいですよね。

ところが、投資家に朗報です!この度、減税が実施されました。


減税の対象となるのは、外国に投資する、日本籍の投資信託等の分配金に対する課税です。

これまで、投資信託の分配金のなかに、外国株式への投資から得た利益が含まれている場合には、外国において徴収される税金(外国所得税額)と日本国内での所得税等で、二重課税になっていました。

これが、2020年1月1日に改正され、外国所得税額を考慮して、日本で所得税等が課されることとなりました。ただし、地方税(住民税)はこれまで通り5%課されます。なお、この二重課税調整措置について、投資家が確定申告等の手続きをする必要はなく、自動的に適用されます。


分かりやすく、具体例を上げましょう。分配金を100として、外国での税率10%、日本国内で国税(所得税)15%で計算してみます。このほかに、地方税(住民税)は変わらず徴収されます。


【改正前】
f:id:okeydon:20191229162744j:plain
f:id:okeydon:20191229162801j:plain


【改正後】
f:id:okeydon:20191229162839j:plain
f:id:okeydon:20191229163229j:plain
(以上、日本証券業協会ホームページより引用)



対象となる銘柄(予定)は、次の通りです。※2019年12月24日現在

f:id:okeydon:20191229162918j:plain
(日本取引所グループ ホームページより引用)



減税は嬉しい流れです。望み薄ではありますが、これが東証に上場する外国籍のETFにも拡大されると嬉しいものです。



今日も何事にも適温でまいりましょう。



【スポンサーリンク】
低コストで簡単、プロのようなホームページ作成「グーペ」
↓↓↓
飲食店経営の強い味方! 月額1,000円(税抜)で始めるホームページ




ブログ村に参加しています。宜しければ応援クリックをお願い致します。

1度のクリックでは画面がブログ村に移動しない場合があります。そのときは、2度クリックして頂けますと画面が移動して、投票が反映されます。ご協力よろしくお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村