おけいどんの適温生活と投資日記(セミリタイア、世界高配当株収集家、サンカー)

セミリタイア適温生活と投資について綴ります。現在は時短社員、2020年春にアーリーリタイア予定。投資(分散投資という名のもと世界の株を収集)、節約、節税、銀行との付き合い、親孝行、ホテル、スイーツ、サンカーなど。

●サウジアラムコの東証上場が日本株式市場の救世主になるか?個人的には投資先として検討

サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコSaudi Aramco)が、2020年以降に実施する新規株式公開(IPO)で東京証券取引所への上場を再検討していると報道されています。過去に、東証は落選したと見られていましたが、ここに来て候補として復活しました。サウジアラムコ東証上場は、日本株式市場の救世主になるのではないでしょうか!?また、高配当株投資家には投資対象になるのではないでしょうか??

f:id:okeydon:20190831205850j:plain



こんにちは、okeydon(おけいどん)です。



僕okeydonは、サウジアラムコ東証上場に上場すれば、日本株式市場の救世主になると思っています。そして、投資を検討するつもりです。

f:id:okeydon:20190831205903j:plain


サウジアラムコとは、どんな企業なのでしょうか?

サウジアラムコは、サウジアラビアの国有石油会社で、原油埋蔵量、原油生産量、原油輸出量が世界最大です。民間石油会社トップのエクソンモービルの2倍以上の生産量です。売上高は3559億ドル、純利益は1111億ドル、利益率は31.2%(2018年実績)にもなり、利益はエクソンモービルの5倍以上です。参考までに、上場企業として世界最大の利益を上げるのはアップルですが、それでも約600億ドルです。サウジアラムコはそれをはるかに凌駕します。超巨大な優良企業だということは分かって頂けたと思います。


サウジアラムコの上場は当初2017年に予定されていましたが、諸事情で延期となり、現在は2020~2021年が目標とされています。サウジアラビア政府は企業価値が2兆ドル(約212兆円)以上と見込んでおり、世界最大のIPO案件となることは確実です。サウジアラビア政府はIPOを国内(リヤド)と海外の2段階で実施することを検討しており、2019年中にも国内で先行して株式公開する見込みです。2020年~2021年に海外市場で上場する目標ですが、そんなサウジアラムコの上場誘致を目指して世界の有力市場が競争を繰り広げているという訳です。

f:id:okeydon:20190831205841j:plain


それでは、いったんは落選した模様の東証が、ここにきてなぜ復活したのでしょうか?それは積極的な理由ではなく消去法のようです。


世界株式市場の時価総額上位は次の通りです。

世界株式市場の時価総額ランキング(シェア)
f:id:okeydon:20190831203708j:plain

1位 アメリ
2位 中国
3位 日本
4位 香港
5位 イギリス


こうして見ると、有力なのは普通に考えるとアメリカですね。実際に、サウジアラムコも最有力候補としていたようです。しかし、ここにきて意外や意外、アメリカは選択肢から外されたようです。8月にサウジアラムコの取締役会(取締役にはサウジアラビア政府の閣僚を含む)がアメリカへの上場には法的リスクが多く現実的な選択肢ではないと判断したようです。アメリカに上場となれば、アメリカ側から求められる情報公開や各種規制がサウジアラビア政府の考えと合わない可能性があること、アメリカのテロ支援者制裁法および石油生産輸出カルテル禁止法により アメリカで訴訟を起こされるリスクがあることが理由と言われています。


アメリカ以外では、ロンドン、香港、東京が候補に挙がっていますが、英国は、政治が不安定でEU離脱の混乱が影響しているようです。香港は、民衆デモとそれに対する香港および中国政府のやりとりの混乱が影響しているようです。そんな訳で、消去法から日本が再浮上した模様です。



サウジアラムコ東証上場となると日本株式市場の救世主になり得ると思います。短期的には、日本の他社株を売却してサウジアラムコ株に資金が充てられて、個別株は株価を下げると思います。しかしながら、長期的には東証への投資資金が増えることは日本株にはプラスだと思うのです。

日経平均株価アベノミクスで3倍に成長しましたが、ここにきて足踏み状態です。この先、長引くであろう米中貿易摩擦の影響を受け続けて、さらには消費増税も迫っており、トンネルに入っていく感もあります。このサウジアラムコ東証上場が起爆剤になるのではないかととても期待しています。


僕okeydonは、サウジアラムコ東証に上場するならば、高配当株になるでしょうから、投資対象として検討するつもりです。ESGの観点からファンドからの資金流出により石油会社株は株価を下げていますので、現行保有しているエクソンモービル保有するものの、新たに同セクターには投資はしない方針でいます。しかしながら、新規上場であれば話は別です。ファンドの資金流入がなかったらなかったで、初めからそれを反映した株価になりますから、問題ありません。サウジアラムコ株は、全世界の高配当株に分散投資して、配当金を再投資する僕okeydonの戦略に合致します。国分散、セクター分散になります。


1年後?2年後?日本株ポートフォリオの多くを占める僕okeydonとしては日本株の株価が上がることも、新たな国に投資できることも、世界最大の石油会社の株主になることも、とても楽しみです。


f:id:okeydon:20190831205831j:plain


今日も何事にも適温でまいりましょう。



ブログ村に参加しています。宜しければ応援クリックをお願い致します。

1度のクリックでは画面がブログ村に移動しない場合があります。そのときは、2度クリックして頂けますと画面が移動して、投票が反映されます。ご協力よろしくお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村