おけいどんの適温生活と投資日記(セミリタイア、世界高配当株収集家)

おけいどん(桶井 道)がセミリタイア適温生活と投資について綴ります。現在は時短社員、2020年12月末にアーリーリタイア予定。投資(分散投資という名のもと世界の株を収集)、節約、節税、銀行との付き合い、親孝行、ホテル、スイーツ、サンカーなど。メディア掲載:日経マネー2020年1月号、日経新聞電子版2020年5/4号・5/6号。

●金融庁に言われたからと、焦ってすぐに投資する必要はない〜まずはお金と向き合おう〜

こんにちは、okeydon(おけいどん)です。


f:id:okeydon:20190614163854j:plain
金融庁による「老後資金に2千万円。人生100年時代は自助努力が必要で、投資を勧める」との発表が、ずいぶん騒がれています。

この騒ぎに、なかには焦りを感じておられる方もいらっしゃるかもしれません。投資なんてしたことがない、と。無理もないですね、日本では投資人口はまだまだ少ないですから。


けれど、焦ってすぐに投資を始める必要はありません。まずは、お金と向き合うことから始めましょう。人生100年のおおよその人生設計をするのです。どんな人生を送るのか、その人生にはどれだけ資金が必要か、日頃どれだけお金を使っているのか等「支出」を計算します。そして、会社からどれくらい給料や退職金が貰えそうか、公的年金はどのくらいの額か等「収入」を計算します。さらに、金融資産や不動産(持ち家)はいくらあるか等「資産」を確認します。住宅ローンのある人は「負債」やその「支払利息」を計算します。こうして人生に必要なお金の見通しを立てましょう。おおよそで構いません。
f:id:okeydon:20190614164016j:plain


これで、余裕があるのか、ないのか、おおよそを掴みます。余裕がないなら、何らかの手立てが必要です。

いきなり難しく考える必要はありません。出来ることから始めましょう。


まずは「支出」から。
f:id:okeydon:20190614163950j:plain

例えば、タバコ。毎日1箱(500円)を吸っているなら、これだけで年間18万円使っていることになります。25年で450万円、50年で900万円です。これは値上げを考えに入れていない計算です。年齢にも寄りますが、タバコを辞めるだけで、2000万円のうち、25〜50%が用意できるということですね。健康面から考えても、良いことです。

スポーツ新聞ならどうでしょう。1日140円、年間5万円、25年で125万円、50年で250万円にもなります。スポーツの結果は、テレビやネットで確認できますよね。スポーツ新聞を辞めて、それで代用するだけで、年齢にも寄りますが、2000万円のうち、6%〜12.5%が工面できます。

携帯電話を格安携帯に変えることも容易いコストダウンです。格安携帯にすることで、毎月7500〜1万円の支払いが、5000円にはなります。月2500〜5000円のコストダウンです。年間3〜6万円、25年で75〜150万円、50年で150〜300万円です。年齢にも寄りますが、2000万円のうち、4〜15%が工面できます。

他にも、お酒しかり(飲むなら家飲みがリーズナブル)、ギャンブル(胴元が儲かるようになってます。寺銭を差し引いた残りを参加者に分配するマイナスサムゲームです。)しかりです。目的もなく習慣的にコンビニに寄ることもしかり。ポイントが5倍だから、20%オフだから、期間限定だから、そんな言葉に釣られて買い物してはいけません。

身近なところから、習慣的なところから見直すだけでも支出はずいぶんスリム化できます。



次に「収入」と「貯蓄」を。
f:id:okeydon:20190614164047j:plain

会社からの収入や年金はなかなか簡単に伸びませんね。昇給や昇格は努力だけではどうしようもなく、自分でコントロールできるものではありません。では、「投資」してお金を増やすのか?いきなり投資はハードルが高いですね。

そこで「貯蓄」にクローズアップしましょう。毎月貯蓄されていると思いますが、その貯蓄額を毎月5000円でも、3000円でも、もしくは残業代は全て貯蓄に回すなど、貯蓄額を増やすことから始めましょう。支出を減らして貯蓄を増やすのです。必ず先取り貯蓄をしてください。これならハードルがずいぶん下がると思います。お金を貯める「習慣」や「力」を付けましょう。


続いて、「負債」。
f:id:okeydon:20190614164116j:plain

金利負担というのが長い目で見ると結構な重さです。住宅ローンを前倒しで返すことも検討しましょう。


そして、「投資」。
f:id:okeydon:20190614164323j:plain

まずは投資を勉強してみましょう。投資アレルギーは簡単には治せませんが、まずは投資の本質を知らないと何も始まりません。投資が本当に危険なものかどうか、まずは勉強してみましょう。投資を知らずして、危険かどうか判断は出来ません。それは飛行機は空を飛ぶから危険だと思うことと同じと言えます。実際には、飛行機事故はまず起こりません。自動車と同じように安全な乗り物です。話を戻します。投資を勉強して、投資がイメージほどに危険なものではないことを理解しましょう。金融庁が勧めるとおり、アメリ株式投資は、資産形成手段としてとても有効です。


金融庁に言われたからと、焦ってすぐに投資する必要はないです。しかしながら、お金について何も考えずにいたら、将来 お金のことで焦る日を迎える可能性が高いです。まずはお金に向き合いましょう。早ければ早いほど、取り得る選択肢は広がります。


くれぐれも、金融庁を、もしくは政府や国を批判する、または嘆く、怒る、もしくは見なかったことにする、、、ということは辞めましょう。 それらから何も解決は出来ません。問題解決のためには、まずは問題を知ること、そして問題解決のために具体的にアクションを起こすことです。
f:id:okeydon:20190614164345j:plain



今日も何事にも適温でまいりましょう。


関連記事です。
公的年金を、国家目線と国民目線から見る。
okeydon.hatenablog.com


年金無料相談会にて、年金の支給予想額を計算してもらいました。
okeydon.hatenablog.com


アメリカ企業上位100社なら、10年間投資すれば、ほぼプラスリターン。損失が出たのは1社だけ。
okeydon.hatenablog.com


ブログ村に参加しています。宜しければ応援クリックをお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村