おけいどんの適温生活と投資日記(セミリタイア、世界高配当株収集家)

おけいどん(桶井 道)がセミリタイア適温生活と投資について綴ります。現在は時短社員、2020年12月末にアーリーリタイア予定。投資(分散投資という名のもと世界の株を収集)、節約、節税、銀行との付き合い、親孝行、ホテル、スイーツ、サンカーなど。メディア掲載:日経マネー2020年1月号、日経新聞電子版2020年5/4号・5/6号。

●銀行が父に投資信託を勧誘してきたので撃退した件

こんにちは、okeydon(おけいどん)です。


あなたは、銀行に行ったときに、それが目的ではないのに、銀行員から、いつの間にか投資信託の勧誘をされた経験はありませんか?過去から今に至るまで、僕okeydonにはよくあることです。
f:id:okeydon:20190524130555p:plain


今回は、父が仕事で某銀行と仕事でやりとりしているときに、いろいろと勧誘されてきました。


初回は、父が単独でその銀行に行きました。父の用件は、手続きが細かくていろんな書類を用意せねばならず、互いに煩わしかったようです。煩わしいけど銀行に利益はほぼない用件で、父は多少負い目を感じていたかもしれません。時間が掛かってその日に出来る手続きが一通り終わったところで、「年金の受け取りを当行に変更して頂けませんか?」、「投資信託にご興味はありませんか?」と銀行員から勧誘されました。父は即答できずに、答えを保留して帰宅しました。世話になってるので、何かこたえてあげるべきかと悩んでいる模様でした。
f:id:okeydon:20190524130636p:plain


2度目は、手続きを手伝うのと、勧誘を止めさせるために、僕okeydonも同行しました。この日も時間が掛かり一通り手続きを終えたところで、銀行員から勧誘が始まりました。

銀行員A「先日お願いしていました件はご検討頂けましたでしょうか?」
父「年金の受け取り口座を貴行に変更する件のことですか?」
銀行員A「左様でございます。」
僕「我が家の資産管理は僕がしています。口座を変更することで我が家に何かメリットはあるのですか?」
銀行員A「お米をプレゼントします。」
僕「父の年金は、◆◆銀行で受け取っていますが、定期預金に金利上乗せがあります。貴行ではいかがですか?金利交渉はできますか?」
銀行員A「金利の上乗せは承れませんが、お米をプレゼントします。」
僕「お米は、◆◆銀行の利息で買えますから、わざわざ変更するメリットはなさそうですね。」
銀行員A「それでは、投資にはご興味はおありですか?」
僕「相当興味があります。」
銀行員A「少々お待ち頂けますか?」



担当が変わり、銀行員Bとその上司の銀行員Cが、投資信託のパンフレットを持って、目を輝かせて、やる気満々での登場。
f:id:okeydon:20190524130736p:plain


(銀行員BとCより名刺を出して自己紹介ののちに、勧誘が始まりました。)


銀行員B「投資にご興味がおありとのことですが、当行では沢山の投資信託を取り扱っております。」


(パンフレットを使っての説明)


僕「投資信託がたくさんあることは分かりました。僕は自分で日本、アメリカ、カナダ、イギリス、アイルランドシンガポール、マレーシア、インド、オーストラリア、ハワイなど10カ国以上の株やETFに投資しています。購入手数料は最低600円程度〜0.54%ほどです。信託報酬は先進国の0.04〜新興国の0.8%です。低い手数料ですが、それなりのパフォーマンスに満足しています。貴行が取り扱う投資信託の手数料はどのくらいですか?」

(銀行員BとC、一気に戦意喪失。)


銀行員B「信託報酬は2%程度となっております。」

僕「信託報酬が2%となると、10年保有すると20%、20年で40%も元本が削られる計算になりますね。僕が投資しているETFと比較して信託報酬が最大50倍も違いますが、それだけのパフォーマンスがあるなら、考える余地はあります。いかがですか?」

(銀行員BとC、苦笑。)
f:id:okeydon:20190524130838p:plain


僕「手数料が安くなって、パフォーマンスの良い投資信託が出てきたら、また考えますね。一応、パンフレットは頂いて帰ります。また自宅でじっくり見せてもらいますね。」


これで、2度と父に勧誘してくることはないでしょう。
f:id:okeydon:20190524130903p:plain


事実、それ以降、その銀行には父が単独で行っていますが、用件だけが進められるようになり勧誘はピタッと止まりました。僕の知らないところで、父が手数料の高い金融商品を買わされないように、Mission complete!めでたし、めでたし。


後日、そのパンフレットを読んでみました。投資信託のひとつに、米国成長株に投資するタイプのものがあり、組み入れ先上位銘柄は、アップル、マイクロソフト、アマゾン、フェイスブック、アルファベット、VISAとなっています。有名どころばかりですね。これに、購入手数料が約2.6%、信託報酬が約1.8%とあります。この銘柄群だったら、投資信託に頼らなくとも、個別株もしくはETFで買えますね。こんなに寺銭を払う意味が分かりません。



銀行員との議論は自己責任でお願い致します。


今日も何事にも適温でまいりましょう。


関連記事です。
銀行員との付き合い方。
okeydon.hatenablog.com


生命保険会社が外貨建て保険を勧誘してきたので、撃退した件。
okeydon.hatenablog.com



ブログ村に参加しています。宜しければ応援クリックをお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村