おけいどんの適温生活と投資日記(セミリタイア、世界高配当株収集家)

おけいどん(桶井 道)がセミリタイア適温生活と投資について綴ります。現在は時短社員、2020年12月末にアーリーリタイア予定。投資(分散投資という名のもと世界の株を収集)、節約、節税、銀行との付き合い、親孝行、ホテル、スイーツ、サンカーなど。メディア掲載:日経マネー2020年1月号、日経新聞電子版2020年5/4号・5/6号。

●節約が進化して健康を意識〜ベトナム投資への想い〜

こんにちは、okeydon(おけいどん)です。


僕okeydonは、ベトナム投資の原資を確保するために、節約していますが、それが進化してきました(給料や配当金など通常のキャッシュフローからの買付余力は先進国投資に充てます。)。

残りご飯のオニギリ持参はランチ代を浮かすための基本ワザですが、それが最近では野菜スティックとか玉子焼きとかも付け、バランスが良くなってきました。胡瓜を丸かじりすることもあります。そして、この節約が健康的だなと感じたりもしています。冬が去り温かくなってきて、季節的にどこで食べても寒くはないし陽気なので、余計にそう思えるんだろうと思います。とはいえ、節約もほどほどに、これ以上は攻めないようにします。心理的負荷を増やすのは良くありません。
f:id:okeydon:20190411183954j:plain


okeydonには物欲はありません。株欲だけです。去年、1〜5月は体調不良でお金を使う機会がなく、6〜8月は自然災害でお金を使う機会がなく、9月だけ贅沢をして、10月〜12月は慣れない家事の分担増でお金を使う機会がなく、1年間あまりお金を使わずに終わり、9月を除いて小遣いはずっと次月繰越が続きました。今年は節約でお金を貯めています。よって、使わずにいる小遣いがある程度の量になってきました。これをベトナム投資に充てる予定です。3月利用分のクレジットカードの引き落としが終わった時点で、財布から繰越金を出して投資資金にしました。


しかしながら、ベトナム投資で手数料負けしないためには30万円ほど必要です。今ある小遣いの蓄積だけでは賄えず、残りをどう捻出するかを考えています。


これからも、ずっと節約して30万円貯まるまでベトナム投資はお預けにする?五百円玉貯金が10万円に到達しそうなので、それを足す?給与や配当金など通常のキャッシュフローからの買付余力を足す?どうしよう?

有力な考え方は、30万円に不足している額の半分を通常のキャッシュフローより充当して、残り半分は節約から資金を捻出しようかと思っています。


というわけで、駅や公園などのベンチで、胡瓜を丸かじりしているサラリーマンがいたら、それはokeydonかもしれません。
f:id:okeydon:20190411184132p:plain


これだけして、投資するベトナム、銘柄はビナミルク(ベトナム乳業)になりますが、きっと強い愛着が湧くことでしょう。
f:id:okeydon:20190411184444j:plain



関連記事です。
新興国に投資する際の注意事項、中進国の罠。
okeydon.hatenablog.com

新興国投資の筆頭候補といえばインド、インドへの投資の魅力。
okeydon.hatenablog.com



ブログ村に参加しています。宜しければ応援クリックをお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村