おけいどんの適温生活と投資日記(セミリタイア、世界高配当株収集家)

おけいどん(桶井 道)がセミリタイア適温生活と投資について綴ります。現在は時短社員、2020年12月末にアーリーリタイア予定。投資(分散投資という名のもと世界の株を収集)、節約、節税、銀行との付き合い、親孝行、ホテル、スイーツ、サンカーなど。メディア掲載:日経マネー2020年1月号、日経新聞電子版2020年5/4号・5/6号。

●docomo、新旧料金プランを投資家目線で比較検証

こんにちは、okeydon(おけいどん)です。


4月15日15時に、docomoより新料金プランが記者発表されました。政府による「通信料金の値下げ要請」や「通信料金と端末代金の分離という方針」を受けてのものです。


株主としては、政府の値下げ要請以降 株価が継続的に下げており、また この先の業績にも関わることですので、新料金プランはとても気になる事柄になります。
f:id:okeydon:20190416201425j:plain


そこで、ユーザーとしてではなく、投資家目線で、株主目線で、新旧料金プランを比較してみようと思い立ち、4月16日にdocomoショップに行ってきました。


新旧料金プランの比較の条件は次の通りとします。

◆パターン1◆
●ワイモバイルより乗り換え
●2年契約
①通話 1通話5分以内無料
②通信 5ギガ以内
③機種 iPhone8 64GB
※価格表示は、税抜き表示とします。

現行料金プラン(2019年4月16日現在)
①通話 1700円
②通信 5300円
③端末代金 0円
合計 7000円

新料金プラン
①通話 700円
②通信 4980円
③端末代金 ?円
合計 5680円&機種代

◆パターン2◆
●ワイモバイルより乗り換え
●2年契約
①通話 1通話5分以内無料
②通信 5ギガ以内
③機種 iPhoneXS 64GB
※価格表示は、税抜き表示とします。

現行料金プラン(2019年4月16日現在)
①通話 1700円
②通信 5300円
③機種代金 2700円
合計 9700円

新料金プラン
①通話 700円
②通信 4980円
③端末代金 ?円
合計 5680円&機種代


◆パターン1差額◆
7000円-(5680円+端末代金)=1320円-端末代金

端末代金がどうなるかに掛かってきますね。iPhone8が少し前の機種であることから、最新機種に比べると安くなるとは思いますが、割賦代金が月額1320円だと現行とトントンということになります。月額1320円よりも高くなると現行プランの方が安いことになります。

月額1320円×24ヶ月=31,680円、新料金プランのiPhone8の端末代金がこれより高くなるか、安くなるか、さてはて?


◆パターン2差額◆
9700円-(5680円+端末代金)=4020円-端末代金

先ほどと同様に、端末代金がどうなるかに掛かってきます。iPhoneは高級化しており、最新機種ともなると10万円します。

10万円÷24ヶ月=月額4167円

こうして計算すると、新旧料金プランでいい勝負ですね。


新料金プランをシミュレーションされる方はこちらから↓↓↓
www.nttdocomo.co.jp



そんな訳で、現段階において、一人で契約した場合は携帯料金は大きくは変わらないと思います。ユーザーとしては残念でしょうが、株主として、投資家としてはホッと胸を撫で下ろすところです。

家族まとめてなど、団体割引を使うことによって安くなっていくのでしょう。

とはいえ、docomoの新料金はソフトバンクauへの追随程度と報道されており、docomoが率先して競争環境を作った感はないと言えます。また、来年からは5Gが始まり、当然 4Gより高い通信料金になるでしょう。さらには、docomoは通信だけではなく金融など多角化に舵を切っており、それらから通信で減る収益を補填できます。以上のようなことを鑑みると、株主として、投資家として、docomoの業績悪化をそこまで懸念する必要はないのではないでしょうか。


来月には新料金プランの詳細が分かりますので、そのときに再度検証したいと思います。


関連記事です。
上場以来 一度も減配したことのないNTTドコモの銘柄分析
okeydon.hatenablog.com



ブログ村に参加しています。宜しければ応援クリックをお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村